在宅ワークの年収はいくら?年収アップを目指せる在宅ワーク7選

働き方の多様化が進んでいる近年では、家で仕事ができる「在宅ワーク」が注目されています。
場所や時間にとらわれない在宅ワークに魅力を感じ、在宅ワークをはじめようと考えている方も多いのではないでしょうか?

その一方で「在宅ワーク=稼げない」というイメージを持っている方も少なくないはず。

収入面はやっぱり気になりますよね。
そんな方のためにこの記事では、在宅ワークに関するお金事情、在宅ワークで年収を上げるコツを紹介していきます!

最後には、年収アップが目指せる在宅ワークも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

では、さっそく見ていきましょう。

【お知らせ】
2000名以上が人生を変えるキッカケになった「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、
  • WEBデザイン業界の「最新」ウラ事情
  • WEBデザイナーにおける「未経験OK」のワナ
  • WEBデザインの学習で失敗した「しくじり先生」の話
などをお伝えしています。「WEBデザインの学び方がわからない」「WEBデザイン業界について知りたい」という方はぜひご参加ください。

詳しくはこちら

気になる在宅ワークのお金事情

はじめに、在宅ワークに関するお金事情について解説します。

在宅ワークの平均年収は?

厚生労働省が在宅ワークの実態を調査した資料を見ると、在宅ワークの平均月収は「5万円以下」が最も多いことがわかります。

この数字は、過去1年間の収入を調査して1ヵ月あたりの手取りを平均で表したものです。
単純計算すると、年収60万円ということになりますね。

収入ごとの割合は次のようになっています。

5万円以下27.7%
6~9万円18.0%
10~19万円18.5%
20~29万円13.7%

この調査からは、約半数近くの在宅ワーカーが月収10万円に達していないことがわかります。
ただ、仕事内容やコミットできる時間によってかなり差があるので、個人差があるということは頭に入れておいてくださいね。

在宅ワークだけで生活していくことはできる?

この記事を読んでくれている方の中には「せっかくなら本業として稼ぎたい」と思っている方もいるかもしれません。

先ほど厚生労働省のデータを見ると、月収20万円以上稼いでいる人のデータは次のとおりです。

20~29万円13.7%
30万円~39万円8.7%
40万円~49万円4.9%
50万円~69万円5.1%
70万円~99万円1.8%
100万円以上1.8%

つまり、全体の合計36%が月収20万円稼いでいる人たちなのです。
全体の約4割が20万円以上稼いでいるのはすごいですよね。

これはあくまで平均なので個人差はありますが、在宅ワークだけで生活していくことも決して絶対無理な目標ではありません。

年収には個人差があるとお伝えしましたが、稼げない人は一体どのような特徴があるのでしょうか?それをこのあと詳しく説明しますね。


【まずは無料でWEBデザインを試しませんか?
日本デザインスクールでは、豪華な無料プレゼントを用意しました。
✔️ WEBデザイナータイプ診断
✔️ 未経験から2ヶ月でプロのデザイナーデビューを叶えるヒミツ
✔️ 卒業生が特別に語る「月収100万を叶えた35のコツ」
受け取りは簡単30秒!QRコードを読み取るか、
下のボタンをクリックしてプレゼントの詳細をご確認ください。


プレゼントの詳細をチェックする

なんで稼げない?在宅ワークで年収が低い人の特徴

ここからは、在宅ワークで年収が低い人の特徴を3つ解説します。

継続して案件を受注していない

在宅ワークをする場合は、基本的に自分で案件を探す必要があります。
そのため、案件が見つからない場合は当然年収も減ってしまいますよね。

近年はクラウドソーシングという「仕事を依頼したい企業や人」と「仕事を探している人」をマッチングさせるサービスがたくさんあり、在宅ワークの案件も増えてきています。

しかし、案件の内容によっては募集が少ないことも珍しくありません。
継続して案件を受注していると、いちいち仕事を探す必要がないので、仕事がなくなることもありません。

効率よく仕事ができ、それがしっかり報酬につながるのです。
継続して案件を受注していないのは、収入がなかなか増えず年収が低い人の特徴といえます。

誰でもできる在宅ワークをしている

年収が低い人は、誰でもできる簡単な在宅ワークをしていることがあります。

在宅ワークのなかには、スキルがなくてもはじめられる仕事がたくさんあります。
在宅ワーク初心者の方にはハードルが低く、取り組みやすいのでうれしいですよね。

しかし、こういった誰でもできる在宅ワークは基本的に報酬は低いです。
そのため、誰でもできる在宅ワークをしている方は年収が低い傾向にあります。

高収入を狙える在宅ワークに共通しているのは「専門的なスキル」が必要であるという点です。例えば「プログラミング」「WEBデザイン」などは、専門的なスキルを必要とするため1回あたりの報酬が高く、年収もおのずと高くなります。

仕事にフルコミットしていない

なかには「副業」として働いて在宅ワークをしている方もいます。最近は、収入の安定やスキル向上などの理由から副業を推奨している企業も、副業をはじめる方も増えてきています。

副業で在宅ワークをする場合、業務にコミットできる時間は帰宅後や休日になりますよね。
そうなると在宅ワークへのフルコミットは難しく、年収が少なくなってしまうのです。

また、家事や育児と両立して在宅ワークをしている主婦の方も、在宅ワークに全力を注ぐことは難しいかもしれませんね。

在宅ワークで年収を上げる5つのコツ

ここからは在宅ワークで年収を上げる5つのコツを紹介します。

「年収を上げて子どもの養育費を貯めておきたい」「自由に使えるお金を増やしたい」という方は、ぜひこのコツを押さえてくださいね。

スキルアップをする

スキルアップすることで、年収が上がります。
在宅ワークでは、スキルや資格に応じて単価が設定されていることが多いです。
そのため自分のスキルを磨くことで、単価が上がり報酬の高い案件を受注できるようになります。

報酬の高い案件をたくさん受ければ、自然に年収も上がりますよね。
スキルアップするためには、資格取得や専門的なスキルや知識を身につける方法がおすすめです。

専門的なスキルや知識を身につけたい場合は、次の2つの方法がおすすめです。

<独学>

独学は、費用を最低限に抑えられるというメリットがあります。現在はさまざまなスキル習得するための書籍はたくさんあるので、学習習慣さえつけられる方は独学でスキル習得ができるでしょう。

自分のペースで勉強できるため、本業や家事が忙しくてまとまった時間がとりにくい方にはおすすめです。ただ、1人で黙々と勉強を進めるのでモチベーションが保ちにくい、わからないときに相談する人が近くにいないなどというデメリットがあります。

一緒に勉強する仲間を作ったり、周りに相談できる人を見つけたりしておくとよいでしょう。

<専門スクールに通う>

「1人では勉強できない」という方には、専門スクールに通ってスキルを習得する方法をおすすめします。

専門スクールであればもともとカリキュラムが組まれているので「なにから勉強したらいいかわからない」といった悩みもないです。最近はオンラインで講義を受けられるものも多いので、気軽に誰でも受講できます。

ただ、独学よりはお金がかかってしまうので、金銭的に余裕がある方は検討してみてくださいね。

作業スピードを上げる

在宅ワークで年収を上げるためには、効率よく仕事をすることが大切です。
作業のスピードを上げることで、その分より多くの仕事を受注できます。

そうなると業務量が増えるので、おのずと年収も上がるでしょう。
また単に仕事を受けてこなすのではなく、効率的に仕事をするにはどうしたらよいのかを自分で考え計画を立てて取り組むことが大切です。

もちろん、誰しも「仕事がなかなか進まない」「全然集中できない」というときはあると思います。

ただ、そういう日はできるだけ集中力を高められるように、仕事場所を変えたり気分転換してみたりなど、どうしたら作業効率を上げられるかを自分のなかで考えておきましょう。

クライアントと交渉する

案件次第では、クライアントと単価を交渉できる場合があります。
しかし、いきなり単価を上げることはできません。

一定以上のクオリティの仕事を継続して続けてクライアントからの信頼を得られたり、クライアントの要求の仕事、またはそれ以上の仕事をこなせられたりすれば、単価を上げてもらえる可能性があります。

基本的にクライアントから単価交渉をしてくることはないので、自分で交渉する必要があります。もちろん要求する金額によっては上げてもらえないこともありますし、仕事の質次第では交渉が成功する可能性も低いです。

ただ単価が上がれば、これまでと同じ時間働いてもより多くの収入を得られるようになります。頑張ってクライアントと交渉してみてくださいね。

仕事にフルコミットする

先ほど、年収が低い人の特徴に「仕事にフルコミットしていない」を挙げました。
逆にいえば、仕事にフルコミットすれば年収は上げられます。

仕事にフルコミットする際は、食事や睡眠、運動などの基本的な体調管理が大切になります。なぜなら在宅ワークは作業時間を自由に決められる分、不規則な生活になりやすいというデメリットがあるからです。

たくさん稼ぎたいからといって長時間仕事をしたり、ずっと椅子に座っていて全然運動をしていないという方も多いはずです。しかし、そのような働き方をしていると、寝不足になったり体調を崩してしまったりする可能性があります。

そうなると結果的に作業効率が下がり、年収が下がってしまう原因になるので要注意。
仕事にフルコミットして年収を上げたいと思っている方は、体調管理をしっかりおこなうようにしましょう。

報酬が高い在宅ワークを選ぶ

報酬の高い在宅ワークを選んで、年収を上げる方法もあります。
在宅ワークにはさまざまな案件があり、内容ごとに単価が異なります。

しかし先ほどもお伝えしましたが、報酬の高い在宅ワークは基本的に専門的なスキルや知識を必要とすることが多いです。例えば「エンジニア」の仕事をする際は、プログラミングに関する知識やスキルが必要になります

ただ年収を上げたいからといって、無理して自分のレベル以上のスキルを必要とする仕事を受けてしまうと、業務に時間がかかってしまい結局年収が下がってしまうという可能性もあるのです。

そのため報酬が高い在宅ワークを選ぶのはよいことですが、選ぶ際は自分のスキルをしっかり理解したうえで考えてみてくださいね。

このあと年収アップが目指せる在宅ワークを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

年収アップが目指せる!おすすめ在宅ワーク7選

最後に、年収アップが目指せるおすすめの在宅ワークを7個紹介します。

WEBライター

WEBライターは、WEBサイトに掲載する記事を執筆したり、インターネット広告における文章作成をする仕事です。WEBライターは未経験からはじめられる仕事なので、在宅ワークのなかではとても人気があります。

WEBライターは基本的に1文字〇円といった文字単価制であり、未経験からはじめる場合は0.5円〜1円(時給500円〜1000円くらい)が多いです。

ですが経験を積んでいくことで、文字単価2円以上も十分目指せます。
在宅WEBライターは年収300万円ほどといわれていますが、なかには年収500万円以上稼いでいる方もいるみたいです。

最初はなかなか思うように稼げないかもしれませんが、コツコツ続けることで年収アップを目指せますよ。

▼WEBライターについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてくださいね。
WEBライターの仕事内容は?現役WEBライターが解説

WEBデザイナー

WEBデザイナーその名のとおり、WEBサイトのデザインやバナーのデザインをおこなう仕事です。

その他にもWEBサイトが指示どおりに動くように、コーディングをおこなう場合もあります。

在宅WEBデザイナーのなかには、年収400万円以上稼いでいる人は珍しくありません。もちろん、年収400万円稼ぐようになるためには、スキルアップは必須ですが、経験を積んでいけば未経験でも十分狙えるので、「しっかり稼ぎたい!」という方にはとてもおすすめです。

▼WEBデザイナーの仕事内容などを詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでみてくださいね。
WEBデザイナーの入門ガイド ~仕事内容や働き方、スキルや気になる年収、将来性は?~

WEBエンジニア

WEBエンジニアは、アプリケーションやサービスの開発、WEBサイトの設計や構築、管理などをおこなう仕事です。

その他にも顧客が抱える問題を解決するために、マーケティング分析をおこなう場合もあります。
WEBエンジニアになるには、HTMLやCSS、Javaなどのプログラミング言語が必須です。

そのため、未経験の方がいきなりWEBエンジニアになるのは少し大変かもしれません。WEBエンジニアを目指す際は、スクールに通って勉強をしてスキルを磨くことからはじめるのをおすすめします。

在宅WEBエンジニアのなかには、年収500万円ほど稼ぐ方もいます。スキルや実績によっては、それ以上稼いでいる方も少なくありません。

WEBマーケター

WEBマーケターは、オンライン上でマーケティングに携わる仕事です。
業務内容は目的によって異なりますが、企画の提案や問題の解決をおこなうケースが多くあります。

WEBマーケターは比較的募集案件も多く、仕事を探しやすいのも特徴。WEBマーケターの仕事をするには、情報解析や企画力、情報収集スキルなどが必要です。

動画編集

動画編集は、YouTube動画や企業のPRビデオなどを編集する仕事です。
例えばYouTube動画の場合、動画の分割やテロップやBGMの挿入などをおこないます。

YouTubeやTikTokなどの動画の需要が高まっていることから、動画編集の仕事のニーズも高まっているのです。

動画編集の需要はこれからも伸び続けるといわれているので、これからも仕事は増え続け稼ぎやすい仕事といえます。スキルを身につけて実績を作れば、年収アップも目指せますよ。

翻訳

翻訳は皆さんもご存じのとおり、外国語を翻訳する仕事です。業務内容は、映画や海外のニュース、書物などの翻訳などさまざま。

翻訳には外国語知識はもちろん、文脈を正しく理解して読みやすくするための知識や能力が必要です。現状、文脈を理解して翻訳する作業は機械にも難しい作業といわれています。

かなり高い外国語のスキルを求められますが、将来性もあるニーズの高い仕事であるといえます。翻訳家では稼いでいる人と稼いでいない人の差が大きいといわれており、年収400万円〜600万円の方が多いようです。

なかには年収1000万円を稼いでいる方もいます。とても夢がありますよね!

アフィリエイト

アフィリエイトは、自分でブログやサイトを作り広告費用で収入を得る仕事です。主にオンラインショップが提供するプログラムや、ASPと呼ばれるサービスを利用して商品を紹介します。

アフィリエイトをはじめるのに、資格は必要ありません。
ですが、サイト構築からSEO対策、マーケティング分析、商品分析など、学ぶことが非常に多いです。

稼げるようになれば年収1000万円という方も中にはいますが、そこまで稼ぐのには時間と労力が必要になります。

まとめ

この記事では、在宅ワークに関するお金事情や、在宅ワークで年収を上げるコツ、おすすめの在宅ワークを紹介しました。

在宅ワークの年収は、仕事をコミットする時間や、仕事内容によってかなり差があります。在宅ワークで年収を上げたい!と考えている方は、次の5つのコツを押さえておくとよいですよ。

  • 作業スピードを上げる
  • 効率よく仕事をする
  • クライアントと交渉する
  • 仕事にフルコミットする
  • 報酬が高い在宅ワークを選ぶ

稼ぐためにたくさん働くことはよいことですが、体調を崩さないように無理だけはしないでくださいね。あなたもぜひ在宅ワークで高収入を目指しましょう!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

WEBデザイン20レッスンを無料プレゼント中
特典を詳しく見る