グラフィックデザイナーからWebデザイナーに!独学をおすすめしない理由

こんにちは!日本デザインの高谷です。

今回は、フリーランスWEBデザイナー講座3期生の石黒愛果さんに、当時講師を担当していた私、高谷がインタビューしてきました!

もともとグラフィックデザイナーをされていて、独学でWebデザインを学んでいたという石黒さん。

デザインの勉強は独学では難しい?
実際にスクールで学んでみてどうだった?
卒業後はどれくらい稼げている?

といった、受講前のことから卒業後のことまで聞いてきました!

「独学とスクールでは何が違うんだろう?」
「実際にWEBデザイナーって稼げるのかな?」

このように思っている人には必見の内容です!

石黒さんのWEBデザイナーになるまでのストーリーが、あなたの一歩を踏み出すきっかけとなると嬉しいです。

 

▼石黒愛果さんのインタビューを動画でみたい方はコチラ▼

デザインが好きでグラフィックデザイナーの道へ

ー石黒さんはもともとグラフィックデザイナーをやられていたんですよね?

前職がグラフィックデザイナーでした。

メーカーで、パッケージのデザインを担当していましたね。

ーもともとデザインが好きだったんですか?

そうですね。学生時代から絵を書いたり、チラシやポスターを書いたりするのが好きでした!

それで、高校卒業後は一般企業に勤めていたのですが、働きながら半年間スクールにでグラフィックデザインを学んで、転職したんです。

ーそれで、グラフィックデザイナーになられたのですね!

はい。グラフィックデザインをやっていた会社は、3年7か月ほど勤めましたね。

でも、結婚を機に退職しました。夫が転勤族だったので、仕事は続けられないと思ったんです。それで、派遣の求人を探していましたね。

結婚後、派遣の求人はどれもWebデザイナーだった

ー派遣のお仕事でも、グラフィックデザイナーを続けられたのですか?

いえ、、、実は、求人がWEBデザイナーばっかりだったんです。

Photoshopとイラストレーターは触ったことがありましたが、紙とWebでは同じデザインの仕事でもアプローチが全く異なるため、Webデザインを学び直す必要があるなと思いました。

当時は、今のようにオンラインで学べるスクールもなかったので、独学でいろいろ作ったりしていましたね。本やCD教材などを取り寄せて、試してみたのですが、かなり苦戦しました…。

独学で学ぶも、コーディングで断念

ー独学のどういうところが難しかったですか?

まず、「何がわからないのか、わからない」んです。
だから、何から始めたらいいのかも知らないという感じでした。

それに加え、コーディングが全くできなかったので、挫折してしまいましたね。

ーWebデザインの勉強を挫折してしまった後はどうされたのですか?

子どももまだ小さかったので、在宅でできる仕事はないかなと思って始めたのが、筆文字アートの講師でした。

家で教室を開いて教えていたのですが、旦那の転勤で引っ越すことがあると、教室も閉じなければならないので、その時は悲しかったですね…。

そこから、Web上の通信講座に切り替えて、教室の集客もWebで行うことにしたんです。自分で集客のためのヘッダー画像を作ったり、簡単なページを作ってみたりしましたね。

それで、筆文字アートの講師もやりつつ、徐々に、アートを仕事にしたい人向けの起業塾もするようになりました。

それが今の本業になっていますね。

やはりWebデザインは必要だった

ーいろいろと紆余曲折して、今のお仕事に辿り着かれたんですね。

そうなんです。

でも、やっぱりここでもWebデザインが必要だなって思いました。

起業塾の受講生に、LPのヘッダー画像や集客のためのバナーを頼まれることも多くて…。自分で作っていたのですが、時間はかかるし、作っても何が正解か分からないし、やってもやってもコツは掴めないし…。

ー独学に限界を感じたんですね。

はい。それで、広告で日本デザインのWebデザインスクールを見つけたんです。

受講の決め手は卒業生の作品のクオリティの高さだった

ーうちの何が良くて受講を決めたのですか?

まず、コーディングをする必要がないところ。

これがまず始めに良いなって思いましたね。独学のときに、コーディングが理由で挫折していたので、必要ないって知ったときは嬉しかったです!

2つ目が、短期間で学べるところです。

私が受けたのは3か月間のコースで、Webデザインのスキルだけでなく、フリーランスに独立するところまでサポートしてもらえるという内容でした。とにかく独学よりも時間がかからないことが魅力的だし、最短では45日で学べるコースもあって衝撃でしたね。

これまで独学でたくさんの時間をかけてきたので、短期間で学べるというのは魅力的でしたね。

ー受講する前に何か不安はありませんでしたか?

金銭面で不安はありました。

実は私、受講前に2回説明会を受けているんです(笑)

1回目に参加したとき、受講料を聞いてちょっと決めきれなくて…。

ーそういう方は多いですね。でも、どうしてまた説明会を受けてみようと思ったのですか?

やっぱり、卒業生の作品のクオリティの高さだと思います。

卒業生の作品がすべて公開されていて、そのクオリティが他のスクールと比べても圧倒的に高いなって思ったんです。

「いいな~私もここで学んだら、同じようなものが作れるようになるのかな~」
と思って、2回目の説明会に参加したときは、もう受講することを決意していましたね。

ーちなみに、他のスクールとは迷わなかったのですか?

あんまり迷わなかったですね・・・それもやっぱり卒業生の作品を見て決めました。
他のスクールでも卒業生の作品を見たりしたのですが、「これが作れるようになりたい!」とは思えなかったんです。

今まで少しデザインをかじってきたからこそ、そう思ったのかもしれません。
そもそも、卒業生の作品を載せていないスクールも多いですしね。

【卒業生の作品はコチラ】

https://www.pinterest.jp/nihondesignschool/_created/

コーディングは必要なかった!3か月でWebデザインをマスター

ー実際に受講してみてどうでしたか?

受講中は、大変なことが多かったですね。
本業もあり、スキマ時間で講義動画を見たり、課題の制作をしたりしていました。

なかでも、求められる基準が高かったです。

課題を提出して、添削をしてもらった際に、修正しても修正しても改善点が出てきました。
常に、講師の方が「自分の思う100%以上のものを出してきて!」と言っていたので、その精神は身に付いたと思います。

ー求められるレベルが高いのは、講師をやっている私も本当にそう思います。受講生ではなく、ちゃんとプロレベルで見ていますね。

だから、卒業した後にお客様から受注した案件で一発OKをもらえることが多くて、その方が楽に感じることもありますね(笑)

これも受講中に、受講生同士でデザインのフィードバックをし合ったり、切磋琢磨して課題に取り組んだ経験があったからだと思います。

まさに、「大人の青春」って感じで楽しかったです。

作業時間2分の1、クオリティUP、受注単価は1.5倍!

ー卒業後、お仕事のほうはどのような感じですか?

今は、本業(起業塾)と副業(Webデザインの制作)を9:1くらいの割合でやっています。

本業の方で受講生に頼まれたデザインをしたときは、受講前よりも作品のクオリティが上がったと喜ばれるようになりましたね!

副業では、LPや商品のプロモーションページのデザインを依頼されることが多いです。

スピリチュアル系のLPや、講座のプロモーションのLPやステップページをまとめて受注したこともあります。リピートして頂くことも多く、とても有難いです。

ーたくさん受注されていますね!受講前も、自分でデザインをやられていたとお話ありましたが、作成時間などに変化はありましたか?

短時間でクオリティ高いものを作れるようになりましたね。

作業時間は2分の1になって、受注単価は約1.5倍になりました!
受講前は、1案件あたり6~8万円程度で受けていましたが、受講後は10万円前後で受注できるようになりましたね。

この前は、ココナラからLPを11万円で受注できました!たくさんデザイナーがいる中で選んでいただけてうれしいですね。

ー時給にしたら、めちゃくちゃ上がっていますね!

そうですね、単純に月収も増えましたし、お客様に喜ばれることも増えましたね!

ーお仕事はどのようにとっているんですか?

ココナラやアメブロ、知り合いからの紹介が多いです!

受講中に作った作品はポートフォリオに、プロフィール文章もそのまま使用しているのですが、お客さまからの受けがよく、そのまま受注に繋がることが多いですね!

やり取りを何回かした後、納品して、修正を何回かもらうことはありますが、「イメージ通りです!」とか「バッチリです!」って言ってもらえることが多くて、嬉しいです!

そこから、リピーターになってもらって、また案件を頂くこともありました!

ースゴイですね!!!スクールで学んだことをしっかりと活かされているようで、嬉しいです!ちなみに、コーディングが必要になることってないんですか?

コーディングは、他の人にお願いするようにしています。同じ講座を受けていた受講生の方で、コーディングをしている人がいるので、その方とバディを組んでいますね。

同じ時期に受講していたこともあって、良く知っている人なので、信頼できる仲間ができることもスクールに通うメリットだと思います。

デザインにセンスは必要ない!でも独学はおすすめしません

ーでは、最後のこれから受講を考えている方にメッセージをお願いします!

はい!この講座は、デザインに自信がない人にこそおすすめします!

デザインはセンスではないと知ってから、悩む時間が減りました。デザインは、数学の公式みたいな感じで、ちゃんと勉強したら身に付けられるものです。

私のように、独学でWebデザインを学んでいる人もいるかもしれませんが、独学は、はっきり言っておすすめしません。

私も長年独学をやっていたのでわかりますが、Webデザインの独学って本当に難しいです…

スクールで学んでいくうちに、独学のころにずっと悩んでいたことが「こうだったのか!」と繋がった感覚があったのは面白かったです!これは、ずっと独学だと気づけなかったことだと思います。

ちゃんとプロの方に教えてもらって、学ぶほうが短期間で習得できるし、結果も出るので、その方が将来的にみてコスパは良いと思います!

ぜひ、挑戦してみてください!!!

▲今回は、zoomでインタビューさせて頂きました(左:高谷 右:石黒さん)

今回は、もともとフリーランスで活躍していた元グラフィックデザイナーの石黒さんに話を聞いてきました。

昔からデザインに興味を持ち、これからはWebに適応できたほうがよいと考え、自らが経営するスクールをWebに切り替えたり、自身でもWeb集客を行ったりと柔軟性と行動力のある石黒さん。

しかし、そのような彼女でもWebデザインの独学には限界を感じたようです。そこで出会ったのが、日本デザインスクールでした。

今では、デザインのコツを掴み、本業に活かしているだけでなく、副業で月に10万円前後収入を得る月もあるようです。

そんな彼女の活躍をこれからも楽しみにしています!

気になった方は、『好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー』に参加してみませんか?

 

 

【お知らせ】

プロの現役Webデザイナーがあなたのお悩みを解決!
Webデザイナーという働き方セミナー開催中!!


こんな不安や悩みはありませんか?

・自分のキャリアでWebデザイナーに転職できるのか
・自分はWebデザイナーに向いているのか
・どうしたら効率良くWebデザインを習得できるか

このオンラインセミナーでは、これまで3000人以上のWebデザイナーたまごを指導してきた現役Webデザイナーが、中立な立場であなたの悩み解決をサポートします。

・Webデザイン未経験
・パソコンの操作が苦手…
・デザインセンスに自信がない...

このような方でも大丈夫です!(過去にもそのような方はたくさんいらっしゃいました)
あなたの悩みを聞きながら、あなたにピッタリのご提案をさせて頂きます。
些細なご相談でも構いませんので、気軽に参加してみてくださいね。

関連記事一覧