全くスキルがない状態からフリーランスになるためには?おすすめの仕事もご紹介

近年、働き方の多様化により「フリーランス」という働き方が注目を集めています。

場所や時間に制限されないで自由に働けるフリーランスは、とても人気があるのです。

しかし、この記事を読んでくれている方のなかには、フリーランスに興味はあるものの

「スキルなしでフリーランスになるのはやっぱり難しい?」
「スキルなしでどうやってフリーランスになるんだろう?」
「スキルなしでできる仕事って…?」

このような疑問をお持ちの方も多いのではありませんか?

特別なスキルがないと、フリーランスになれるのか不安になってしまいますよね。

ですが結論からお伝えすると、スキルなしでもフリーランスになれます。

ただ正直、「スキルなしからフリーランスになるのは難しい」といわれることもあります。

それは一体なぜなのでしょうか?

この記事では、スキルを持っていない方がフリーランスを目指すのは難しいといわれる理由や、スキルなしからフリーランスになるための5Step、スキルを持っていない方におすすめの仕事を紹介していきます!

この記事を読めば、スキルがなくてもフリーランスになる方法はもちろん、フリーランスになる前に知っておいたほうがよいことまでがわかります。

今はスキルがなくて悩んでいるあなたも、これからフリーランスを目指すかどうか決断できると思います。

これからフリーランスを目指そうかどうか迷っている方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

\15,000人が受け取ったWEBデザインレッスンを無料プレゼント中!/

この記事の内容

スキルなしがフリーランスを目指すのは難しいといわれる理由

フリーランスとして生きていくには、スキルがないと難しいといわれることが多いです。

では、どうしてスキルがないとフリーランスになるのは難しいのでしょうか?

まずは、スキルなしでフリーランスを目指すのが難しいといわれる理由を5つ解説します。

フリーランスを目指そうと考えている方は、これらを頭に入れつつ検討してみてくださいね。

単価が低く稼ぎづらいから

はじめに、スキルがなくてもフリーランスになれるとお伝えしました。

その理由は、スキルを必要としない案件が実際にたくさんあるからです。

しかし、そのような誰でもできる仕事は単価が低いことがほとんど。

デザインやプログラミングなど、スキルを必要とする案件を受注できたとしても、十分なスキルがないとクライアントからの信用は下がり、結局単価も下がってしまいます。

スキルなしのフリーランスでは、単価が低くく稼いでいくのが大変なので、難しいといわれるのですね。

副業として仕事をしてお小遣いを稼ぐ感覚ならよいと思いますが、フリーランスを本業として活躍していきたいのなら、スキルを身につけて高単価な仕事を目指していくことが大切です。

そうはいっても「スキルを身につける時間がない」「それでもスキルを身につけるのは面倒くさい」という方は、簡単な仕事を複数かけ持ちすることもひとつの方法。

後ほどスキルなしでもできる仕事を紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

実績がなく案件を獲得するのが難しいから

クライアントがフリーランスに仕事を依頼する際に重視するひとつが「実績」です。

正直、実績がないと案件を獲得できる確率はかなり下がってしまいます。

スキルがなく実績もない場合は、人脈で案件を獲得するのがおすすめの方法。

とはいえ、仕事につながる人脈なんて、なかなかないですよね。

そこでおすすめなのが「仕事を依頼したい企業や人」と「仕事を探している人」をマッチングさせるクラウドソーシングサイトやフリーランスエージェントを利用して案件を獲得する方法。

そのようなサービスを利用すれば、スキルがない未経験の方も案件を獲得することは可能です。

未経験向けの案件もたくさんあるので安心ですよ。

ただ、ライバルにはベテランも多く実績面で負けてしまって仕事がもらいにくい、という現状もあります。

スキルなしでフリーランスを目指す方は、最初は単価が低くてもどんどん受注して、実績を作っていくことが大切ですね。

助けてくれる人がいないから

会社員の場合は、職場の上司や先輩、同僚に相談することで仕事に関する悩みや疑問を解決できますよね。

一方、ご存じのとおりフリーランスは1人で仕事をおこないます。

そのため、仕事に関する悩みや疑問がでてきても、基本的には自分で解決しなければいけません。

スキルなしからフリーランスをはじめるとなると、最初はわからないことや悩むことも多いと思います。

そんなとき、助けてくれる人がいないと孤独や不安を感じてしまうことがあるかもしれません。

フリーランスを目指す方は、SNSで自分のことを発信したりセミナーに参加したりして、フリーランス仲間を作っておくこともよいですね。

自信を持つことが難しいから

スキルや実績がないままフリーランスになると「自分に自信をつけることができない」と悩んでしまうのは珍しくありません。

スキルや実績がないことがコンプレックスとなってしまい、自分に自信をつけるのが難しくなってしまうのです。

単価を上げたい場合は自らクライアントに交渉するのですが、自信がないと単価交渉をするのも難しいです。

なかには仕事を受けることすら怖い、という方もいます。

自分に自信が持てなくなってしまうと、どうしても精神的に不安定になりキラキラしたフリーランス生活とはほど遠くなってしまいます。そうなると、結果的に挫折してしまう方も少なくありません。

自信を持つことが難しいというのも、スキルなしでフリーランスになるのは難しいと言われる理由のひとつなのですね。

最初から即戦力を期待されるから

フリーランスに仕事を依頼するクライアントは、即戦力を求めてフリーランスに仕事を依頼します。

正社員やアルバイトの場合は、今後の成長も期待してできないことは丁寧に教えてくれるかもしれません。

しかしフリーランスの場合は、クライアントが求める仕事ができなければ継続して仕事を依頼してくれなかったり、契約自体を打ち切られてしまうこともあります。

最初から即戦力を期待されている分、見合ったスキルがないと仕事を獲得するのが難しいかもしれません。

スキルなしからフリーランスになるための5Step

ここからは、スキルがない状態からフリーランスになるためのStepを解説します。

Step1.フリーランスの方向性や目的を決める

「フリーランスって自由に働けて楽しそう!」

このような理由がきっかけで、フリーランスを目指す方もなかにはいるのではありませんか?

もちろん、その理由がだめということではありません。

フリーランスを目指すきっかけはなんでもよいのです。

しかし、フリーランスとして活躍していくためには方向性や目的をしっかり決めておかないと、「こんなはずじゃなかった」となってしまうかもしれません。

そうならないためにも、まずは次のようなことを考えてみましょう。

  • フリーランスとしてどのような仕事をやっていきたいのか
  • 自分がフリーランスになる目的はなんなのか

もしやりたい仕事が見つからない場合は、好きなことや興味のあることから選んでみてください。

それもなければ、「これならやってみてもいいかもな」と思えるような仕事を選んでみましょう。

そして、フリーランスになる目的もできるだけ明確にしておいた方がよいです。

これに関しては後ほど詳しく説明するので、そちらをチェックしてみてくださいね。

Step2.働きながら最低限のスキルを身につける

フリーランスの方向性や目的を考えたらすぐにフリーランスになるのではなく、働きながら最低限の必要なスキルを身につけましょう。

スキルがなくてもフリーランスになることもできますが、スキルがまったくないと案件も獲得しにくく稼ぐことが難しいです。

案件を獲得できないと、収入がゼロになってしまう可能性もあります。

そのため、できれば今の会社で働きながら必要最低限のスキルを身につけておくことをおすすめします。

働きながらだと大変だと思いますが、通勤時間や仕事から帰ってきて寝るまでの時間、休日など自分が勉強できる時間を使ってみてくださいね。

「どうしても働きながらは忙しくて難しい」という方は、仕事を辞めてからスキルを身につけるという方法もあります。

ただ、この方法はもし勉強していて「フリーランスはやっぱり向いていないかも」と思ったときには後戻りできません。

働きながらであれば、万が一「フリーランスが自分に合わなかった」「やっぱり会社員のほうが向いている」と思っても特に支障はありません。

フリーランスになってから後悔しないためにも、働いている間に最低限必要なスキルは身につけておいたほうがよいです。

Step3.まずは副業としてはじめる

最低限のスキルを身につけたら、まずはその仕事を副業としてはじめてみましょう。

いきなりフリーランスになってしまうと、もしかしたら仕事を受注できないかもしれません。

最初から稼げない状態だと、金銭的にも精神的にも不安になってしまいますよね。

そのため、まずは働きながら副業として仕事に慣れていくのがおすすめ。

「スキルがないから不安…」と思っている人こそ、まずは副業としてはじめてみてはいかがでしょうか?

仕事を受注するには「クラウドソーシングサイト」を活用しましょう。

案件の単価は低いものから高いものまでさまざまですが、最初はあまり気にせずとりあえず挑戦してみることが大切。

まずは自分のできる範囲で経験を積んでいき、この時期に実績を積んでいけば後々スムーズに案件を獲得できますよ。

Step4.アピールできるような実績を作る

副業をはじめたら、自分のペースでコツコツ実績を作っていきましょう。

副業の場合、通勤時間や休日などのスキマ時間に仕事をすることになります。

副業にフルコミットできずに最初は思うように稼げなくて、挫折してしまいそうになるかもしれません。

しかし、そこで諦めてしまってはもったいないです。

コツコツ継続していれば、必ずスキルもアップしますし稼げるようになりますよ。

はじめから稼げる人などいません。

最初は「稼ぐ」ではなく「実績作り」を目標にしてコツコツ頑張りましょう。

ただひたすら案件をこなしていけば、立派な実績が作れます。

しっかり実績が作れれば、フリーランスになったときにとても役立ちますよ。

Step5.稼げるようになったら独立する

コツコツ努力していれば、自然にある程度稼げるようになります。

最初に副業でどのくらい稼ぐか目標を立てて、その目標が達成できたら独立に踏み切りましょう。

はじめは勇気がいると思いますが、ここまでやってきたあなたなら大丈夫。

しっかり自信を持って、一歩踏み出してみてくださいね。

スキルなしでもフリーランスとして成功するコツ

フリーランスになることは、とても勇気がいることです。

せっかくフリーランスを目指すなら、絶対失敗したくありませんよね。

スキルがない方がフリーランスとして成功するには、3つのコツがあります。

  • フリーランスになる目的を明確にしておく
  • ある程度の貯金をしておく
  • フリーランスとして成功している人の話を聞く

1つずつ解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

フリーランスになる目的を明確にしておく

先ほども少しお伝えしましたが、フリーランスになる目的を明確にしておくことはとても重要です。

「好きな場所で仕事がしたいから」「自由な時間がほしいから」「今よりもっと稼ぎたいから」など、フリーランスになりたい目的は人それぞれ違うと思います。

もちろんどの目的もすてきだと思いますが、ここの目的が明確でないと今後フリーランスになるまでのロードマップがブレてしまう可能性があります。

例えば、「好きな場所で働きたい」と考えている方なら場所に縛られず働けるような仕事を目指す必要がありますし、「今より稼ぎたい」と考えている方ならより高単価な案件を取れるようにスキル習得に時間をかける必要があります。

このように、あなたがどのような目的でフリーランスになるかによって仕事内容や働き方が変わってきます。

この軸がしっかりしていないと、途中で「こんなはずじゃなかった」となってしまう危険性があります。

そうならないためにも、まずは自分がなぜフリーランスになりたいのか、もう一度よく考えてみましょう。

ある程度の貯金をしておく

フリーランスはとても魅力的な働き方ですが、「収入が不安定」というデメリットもあります。

仕事を獲得できなければ、収入ゼロということもあり得るのです。

金銭的な余裕がないと、どうしても精神的に不安になってしまいます。

そうなってしまうと、お金ばかり気にして仕事どころではないでしょう。

そうならないために、万が一のときを考えてある程度の貯金をしておくことが大切。

貯金があれば、心にも余裕ができるので仕事にも集中できると思います。

フリーランスになると、クライアントとの打ち合わせのための交通費や飲食代なども全て自分で払わなければなりません。

そういったことも考えると、できるだけ多くの貯金があったほうがよいですね。

フリーランスとして心に余裕を持って活動していくためにも、最低でも半年は無収入でも生活していけるだけの貯金はあったほうがよいと思いますよ。

フリーランスとして成功している人の話を聞く

会社員とフリーランスとでは、働き方がまったく違います。

フリーランスとして成功している人は、必ずなにかしらの戦略を立てて計画的に行動しているはず。

フリーランスになってから悩まないためにも、事前にフリーランスとして成功している人の話を積極的に聞きに行くようにしましょう。

周りにフリーランスの方がいなければ、ブログやInstagram、メールマガジンなどを参考にしてみてください。

フリーランスとして仕事をするうえでの注意点やしておくべきこと、心構えなどを徹底的にリサーチするのです。

お手本になるような人を見つけて、その人の仕事に対する考え方や仕事の獲得方法などを積極的に学んでおくことが、成功の秘訣ですよ。

スキルなしでも稼げる!おすすめの仕事3選

パソコンとタブレット

最後に、スキルがない方におすすめの仕事を全部で6つ紹介します!

まずは、スキルなしでも稼げる仕事です。

「スキルを身につける時間がない」「スキマ時間でお小遣いを稼ぎたい」という方には、とてもおすすめの仕事です。

1つずつ解説していきますね。

WEBライター

フリーランスとして働いている人が多いWEBライター。

WEBライターの主な仕事は、WEB上の記事を執筆することです。

「WEBライターってスキルが必要なんじゃないの?」と思う方も多いかもしれませんが、実は特別なスキルや資格は必要なく、未経験からでもはじめられる仕事なのです。

実際に私も未経験からWEBライターになりましたし、私の周りのWEBライターも未経験からはじめた方がほとんど。

文章を書くのが得意でなくても、最初はクライアントの方に記事の方針や内容について説明してもらいながら書き進められるので、心配しなくて大丈夫ですよ。

ただ、スキルがない最初のうちは基本的に単価が低いことは頭に入れておいてください。

もしWEBライターとして高収入を目指すのなら、次のようなスキルや知識を身につけましょう。

  • ライティングスキル
  • SEOの知識
  • マーケティングの知識

また、稼げるジャンルの記事を執筆するのも高収入を目指すのには効果的。

例えば、金融系やIT系、医療系などの専門的な知識を必要とするジャンルは単価が高い傾向にあります。

ライティングスキルはコツコツ継続することで、ある程度は身についていきます。

最初はスキルがなくても、仕事をするうちにスキルを身につけられるのはとてもよいですよね。

<WEBライターはこんな人におすすめ>

  • 文章を書くのが好きな人
  • コツコツ継続できる人
  • タイピングが得意な人

ブロガー

ブロガーとは自身で運営するブログに記事を書いてアフィリエイト広告などで収入を得る仕事です。

アフィリエイト広告とは、自分のブログやSNS経由で紹介した商品が売れると、広告費として収益が発生する広告のことをいいます。

こちらもWEBライターと同様、スキルがなくてもはじめられる仕事です。

ただ、ブログを運営するにあたって次のような知識が必要になります。

  • マーケティングの知識
  • SEOの知識
  • アフィリエイトの知識
  • セールスライティングの知識

フリーランスとしてブロガーになった方のなかには、まったく稼げない方もいれば月に100万円以上稼いでいる方もいます。

最初から稼げる人はほとんどいないので、根気強く続けていくのが大事。

人気が出れば継続した収入を得られますよ。

<ブロガーはこんな人におすすめ>

  • 情報を発信するのが好きな人
  • 文章を書くのが好きな人
  • 根気強く続けられる人

せどり(転売)

せどりとは、書籍や家電製品などさまざまなものを安く仕入れて高値で転売する仕事のことです。

特別なスキルがなくても、価値のある商品さえ仕入れることさえできれば、十分に稼げます。

さらに、商品が売れるとすぐに利益が出るため、結果が出るまでのスピードが他の仕事よりも早いこともおすすめのポイントです。

ただ、商品を仕入れる必要があるため、ある程度の資金が必要ということは頭に入れておきましょう。

また、売れる商品を見つけるために過去の売れ行きや、商品のランキングなどをリサーチすることも大切です。

商品を仕入れる価格や販売価格も自分で考えるので、頭を使う仕事であるといえます。

<せどり(転売)はこんな人におすすめ>

  • マーケティングの知識がある人
  • 買い物が好きな人
  • すぐに稼ぎたい人

スキルを身につけて高収入を目指す!おすすめの仕事3選

続けて、「今よりもっと稼ぎたい!」と思っている方に向けて、高収入を目指せる仕事を3つ紹介します。

スキルがなくてもフリーランスにはなれますが、しっかり稼ぎたいと考えている方はやはりスキルを身につけるのがおすすめ。

ここから紹介する仕事はスキルを身につける必要はありますが、先ほど紹介した仕事よりは高収入を目指せる仕事なので、稼ぎたい方はぜひ参考にしてくださいね。

WEBデザイナー

WEBデザイナーの主な仕事は、WEBサイト上のデザインを作成することです。

具体的な仕事としては、サイトのレイアウトやロゴの作成などさまざま。

仕事をする際はクライアントの要望を的確にヒアリングし、全体の構成とレイアウトを考え、場合によってはデザインを作りコーディングをすることもあります。

WEBデザイナーはWEB業界でも需要が高く、スキルは必要ですが他の仕事に比べると身につけやすいスキルのため、比較的挑戦しやすい仕事です。

WEBデザイナーになるために身につけておくべきスキルや知識は次のとおりです。

  • 基本的なデザインの知識やスキル
  • デザインツール(PhotoshopやIllustrator)のスキル
  • コーディングスキル(HTML/CSSなど)

コーディングスキルは必須ではありませんが、あるとより高収入が目指せます。

クラウドソーシングサイトの案件でも、1つのWEBサイトを制作するのに、10万〜50万円以上の報酬をもらえることも珍しくありません。

専門スキルが必要な分、高単価の案件が豊富なのですね。

<WEBデザイナーはこんな人におすすめ>

  • 流行りに敏感な人
  • 好奇心旺盛な人
  • 地道な作業が苦にならない人

ITエンジニア

ITエンジニアは、プログラミング言語を使ってアプリの開発やシステムの設計などをおこなう仕事です。

扱う言語によって業務内容も異なりますが、プログラミングのスキルは必須です。

ITエンジニアが、プログラミングスキル以外に求められるスキルや知識は次のとおり。

  • コミュニケーションスキル
  • マーケティング知識

プログラミングスキルを習得するのは簡単ではありません。

しかし習得が難しい分単価も非常に高く、1案件で100万円を超えるものもあります。

フリーランスとして稼いでいくことを目的としている方には、おすすめの仕事といえますね。

しかし、実務経験がないと案件獲得が難しかったり、単価が低くなってしまったりすることがあります。

そこも頭に入れて検討してみてくださいね。

<ITエンジニアはこんな人におすすめ>

  • 向上心がある人
  • 変化に適応する能力が高い人
  • チャレンジ精神旺盛な人

動画編集者

動画編集者の仕事は、撮影した映像などの素材をパソコン上でつなぎ合わせたり加工したりしながら適切な形で編集していくことです。

扱う動画はテレビCM、YouTubeに掲載するプロモーションビデオ、InstagramやFacebookに掲載する広告動画などさまざま。

具体的には、カットやテロップの追加、効果音の挿入などがあります。

クライアントの指示通りに動画を作成するスキルはもちろん、動画の目的に合わせて作成するセンスが求められます。

動画編集者に求められるのは次のとおりです。

  • 動画編集ソフトを使いこなすスキル
  • ディレクションスキル
  • コミュニケーションスキル

誰でも自由に動画を視聴できたり公開できたりする今の時代、動画編集者が必要とされる場面は多く、それを仕事にすること自体は難しいことではありません。

初心者でも操作できる優秀なソフトも続々と登場しているので、挑戦しやすい仕事ともいえます。

気になる方はぜひ検討してみてくださいね。

<動画編集者はこんな人におすすめ>

  • 作品作りが好きな人
  • 細かい作業が苦にならない人
  • 計画的に仕事ができる人

まとめ

この記事では、スキルを持っていない方がフリーランスを目指すのは難しいといわれる理由や、スキルなしからフリーランスになるための5Step、スキルを持っていない方におすすめの仕事を紹介しました。

スキルがないからといって、フリーランスになれないわけではありません。

未経験でも行動さえすれば、誰でもフリーランスになれるのですよ。

実際、スキルを必要としない簡単な仕事の案件もたくさんあります。

しかしそのような誰でもできる仕事は、単価が低いものが多く思うように稼げません。

もしフリーランスとして長く活躍していきたいと考える場合は、やりたい仕事を明確にしてスキルアップすることが大切です。

「忙しくてスキルを身につける暇がない」という方はフリーランスになる前に最低限のスキルだけ身につけておいて、そのあとのスキルアップは仕事をしながらでもできますよ。

スキルがないけどフリーランスになりたいと考えている方は、この記事を参考にしてもう一度ゆっくり考えてみてくださいね。

もしフリーランスになりたいと思った方がいたら、ぜひこれを機会に一歩踏み出してみましょう!

フリーランスとして、あなたが幸せになれるキャリアを築いていけるよう応援しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容