WEBデザイナーにJavaScriptは必須?実装可能な機能と勉強法も解説

近年、 WEBデザイナーという職業がどんどん人気になり、目指す人が増えています。

あなたも「手に職をつけたい」「在宅ワークがしたい」「フリーランスになりたい」という思いからWEBデザイナーを目指しているのかもしれません。

しかし、少し調べてみると「WEBデザイナーはHTML/CSSはもちろんJavaScriptもできなければいけない」と言っている人がいて、

「HTML/CSSならともかくJavaScriptは難しそう…」
「コーディングすらやりたくないのにJavaScriptなんて無理…」
「WEBデザイナーになるのにJavaScriptって本当に必要なんだろうか…」

と不安や疑問を抱えている人も少なくないと思います。そこで、今回はそんな不安や疑問を解消するために、WEBデザイナーにとってJavaScriptが必須かどうかをお話ししていきます。

【お知らせ】
2000名以上が人生を変えるキッカケになった「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、
  • WEBデザイン業界の「最新」ウラ事情
  • WEBデザイナーにおける「未経験OK」のワナ
  • WEBデザインの学習で失敗した「しくじり先生」の話
などをお伝えしています。「WEBデザインの学び方がわからない」「WEBデザイン業界について知りたい」という方はぜひご参加ください。

詳しくはこちら

WEBデザイナーにJavaScriptが必須ってホント?

まずWEBデザイナーにJavaScriptが必須かどうかをお話ししていきます。

WEBデザイナーにJavaScriptは必須ではない

結論からお伝えすると、WEBデザイナーにJavaScriptは必須ではありません。JavaScriptを書けなくてもWEBデザイナーになることができますし、稼ぐこともできます。

そもそもWEBデザイナーは、HTML/CSSも書ける必要はありません。そのため、HTML/CSSよりも高度な言語であるJavaScriptを無理に学ぶ必要はまったくないのです。

▼WEBデザイナーにコーディングがいらない理由を詳しく知りたい方はこちら

 

+αのスキルとして身につけるのはおすすめ

WEBデザイナーにJavaScriptは必須ではないとお伝えしましたが、+αのスキルとして身につけるのはとてもおすすめです。最近ではWEBサイトにJavaScriptを使うことも増えており、どんどん需要が増しています。

一方でJavaScriptを書ける人はそれほど多くないので、JavaScriptを書けるようになればWEBデザイナーとして価値はグッと上がります。

そのため、収入を上げたい方が身に付けるスキルとして、JavaScriptはピッタリです。

JavaScriptと他言語の違い

スキルアップとしてJavaScriptに挑戦しようかなと思う方のために、JavaScriptの基本をお伝えします。まずはJavaScriptと他の言語の違いについてです。JavaScriptには似た言語がいくつかあるので、しっかりその違いを押さえておきましょう。

JavaScriptとjQueryの違い

jQueryはJavaScriptの簡易版です。JavaScriptで書くコードがjQueryにはすでに用意されており、それを組み合わせることで簡易的にJavaScriptを書けます。

2つの違いについてよく例えられるのがラーメン作りです。JavaScriptは、ゼロからラーメンを作るようなもの。豚骨や鶏がらを買ってきて、寸胴で煮込んだり、小麦から麺を作ったりするのと同じです。

一方、jQueryは市販で売っているラーメンです。すでにスープや麺は完成しており、それと具材を合わせるだけで完成します。

それぞれメリット・デメリットがあります。ゼロから作るラーメンは作るのが難しいけれど、上手くできればとても美味しい。市販のラーメンは作るのが簡単だけど、もの凄く美味しいかというとそうではない。

JavaScriptとjQueryも同じです。JavaScriptは難しいけれど、その分クオリティの高いコーディングができます。jQueryは簡単にできますが、クオリティには限界があります。

JavaScriptとJavaの違い

JavaScriptと言葉として似ているのが、Javaと呼ばれているプログラミング言語です。JavaScriptとJavaは言葉としては似ていますが、実はまったくの別物です。(「メロン」と「メロンパン」くらい違います。)

それぞれの言語が開発された会社も違うのですが、最も違うのはその使い道です。詳しいことはあとからお話ししますが、JavaScriptは主にWEBサイトをより綺麗にしたり、便利にしたりするために使われます。

一方、JavaはWEBサイト開発で使われることがほとんどなく、Twitter、Instagram、Facebookといったアプリを開発するときに使われます。

このように似た言葉でも、使い道がかなり違うので、参考書を買うときやスクールを選ぶときには間違えないようにしましょう。


【まずは無料でWEBデザインを試しませんか?
日本デザインスクールでは、豪華な無料プレゼントを用意しました。
✔️ WEBデザイナータイプ診断
✔️ 未経験から2ヶ月でプロのデザイナーデビューを叶えるヒミツ
✔️ 卒業生が特別に語る「月収100万を叶えた35のコツ」
受け取りは簡単30秒!QRコードを読み取るか、
下のボタンをクリックしてプレゼントの詳細をご確認ください。


プレゼントの詳細をチェックする

JavaScriptができる5つのこと

JavaScriptとJavaの違いで、JavaScriptの使い道は「WEBサイトをより綺麗にしたり、便利にしたりすること」だとお伝えしました。

では、JavaScriptを使うと、具体的にどんなことができるようになるのか。それについてお話ししていきますね。

WEBサイトに動きをつける

JavaScriptでできることとして、1番わかりやすいのはWEBサイトに動きをつけることです。

ページをスクロールすると情報が浮かび上がってきたり、常に情報(お客様の声や導入実績のある企業のロゴ)が横に流れ続けたりしているWEBサイトをみたことがあるのではないでしょうか。

動きをつけるだけことで、ユーザーは飽きることなくWEBサイトを見れるようになり、サイトの離脱率を低くすることができます。

入力エラーを見つける

WEB上で買い物するときに、名前や住所を打ち込むことがありますよね。そのときに不備があると「入力情報が不足しています」と出るのですが、それもJavaScriptによって設定されています。

その機能があることで、名前や住所を間違えるといったことをなくせるのです。

ポップアップウィンドウを出す

JavaScriptを使うと、ポップアップウィンドウを出すことができます。

ポップアップウィンドウとは、WEBサイト上で何かを入力したときに浮き上がってくる「本当にこれでよろしいですか?」という表示や、WEBサイトを開いたときに出てくる企業の広告です。

ポップアップウィンドウを出せるようになれば、ユーザーに確実に見てほしい情報を届けられるようになります。

Ajax・非同期通信ができるようになる

Ajax・非同期通信の設定も、JavaScriptによってできることです。Ajax・非同期通信と聞くとかなり難しく聞こえますが、簡単にいうと、よりはやく情報を読み込めるようにする技術です。

例えば、Googleマップはスクロールするとすぐに地図が出てきますよね。これは当たり前のように感じますが、昔はスクロールするたびに真っ白になっていました。

現在のようにすぐに情報を得られるのは、JavaScriptによってAjax・非同期通信という技術が開発され、高速で情報を得られるようになったからです。

サイト上での自動計算が可能になる

保険や宿泊代の見積もりが、WEBサイト上で条件を入力するだけで、自動的に計算された経験はないでしょうか。

その自動計算機能もJavaScriptで作っています。自動計算が可能になるとサイトが使いやすくなり、サイトを繰り返し使ってくれる人が多くなります。

WEBデザイナーがJavaScriptを学ぶ方法

JavaScriptを使ってできるようになることをご理解いただけたでしょうか。ここからはJavaScriptを書けるようになりたいと思った方に、JavaScriptを学ぶ方法をお伝えしていきます。

コーディング学習サイトを利用する

まず、コーディング学習サイトを利用するという方法があります。現在では、無料でプログラミングが学べるサイトがたくさんありますよ。

そのなかでも「Progate」や「ドットインストール」は、学習コンテンツのクオリティが高く、わかりやすいのでおすすめです。

さらに「ドットインストール」では、月額1080円払うことで現役エンジニアに質問ができるようになります。

Progate
ドットインストール

JavaScriptが学べる本を買う

本でJavaScriptを学ぶのもおすすめです。JavaScriptの本はたくさんありますが、そのなかでも、わかりやすいのが『ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩』です。

この本はJavaScriptを使うために必要な情報が載っているのはもちろんのこと、紹介しているコードがどのような場面で使われているか丁寧に説明されています。

実装されたときのことをイメージしながら勉強できるので、JavaScriptがまったくわからなくてもつまずくことなく勉強できますよ。

参考サイトのJavaScriptを書き写す

JavaScriptの基礎を知ることができたら、インターネット上にあるサイトのコードを書き写してみましょう。

現場で使われているコードを書き写すことで、実践で使うコードを身につけられます。また、書き写したコードにアレンジを加えることで、どんなコードがどんな動きをするのかを理解することもできます。

スクールで学ぶ

ここまで独学でJavaScriptを学ぶ方法をお伝えしたのですが、実はプログラミングを独学する人の9割は挫折しています。そのため、確実にJavaScriptを習得したいという方は、スクールに通うのがおすすめです。

スクールであれば、カリキュラムがしっかり作られていますし、現役コーダーから習えるので、確実かつ最短でJavaScriptを習得できますよ。

JavaScriptを学ぶのにおすすめのスクール

ここからはJavaScriptを学ぶのにおすすめのスクールをご紹介していきます。

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

侍エンジニアはとても手厚いサービスが特徴のスクールです。

具体的には、「オーダーメイドのカリキュラムを組んでくれる」「現役のエンジニアとマンツーマンで学べる」といった特徴があり、未経験の人でも挫折しにくいスクールです。

DMM WEBCAMP

JavaScriptを学ぶのには DMM WEBCAMPもおすすめです。DMM WEBCAMP SKILLSの大きな特徴は最短1ヶ月でJavaScriptを習得できることです。

そのため、すぐにJavaScriptを習得したいと思っている方にピッタリでしょう。また、侍エンジニアに比べて安いのもよい点ですね。

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ)は2万人以上にコーディングを指導している、実績No. 1のプログラミングスクールです。

たくさんコースがありますが、プログラミングコースを受講すればHTML/CSSからJavaScriptまで学ぶことができます。

まとめ:JavaScriptでWEBデザイナーとしての価値をあげよう!

今回は「WEBデザイナーにJavaScriptは必要なの?」という疑問にお答えしました。

もう一度結論をお伝えすると、WEBデザイナーにJavaScriptは必要ではありませんが、 +αのスキルとしてJavaScriptを習得するのはとてもおすすめです。

WEBデザイナーがJavaScriptを書けるようになるためには

  • コーディング学習サイトを利用する
  • JavaScriptを学べる本を買う
  • 参考サイトのJavaScriptを写経する
  • スクールで学ぶ

の4つの方法があります。

確実にJavaScriptを身につけたい方はスクールに通うのがおすすめですが、絶対に独学ができないわけではないので、あなたに合った方法を選んでみてくださいね。

この記事であなたの「WEBデザイナーってJavaScript必要なの?」「JavaScriptはどうやって身につけるの?」という疑問が解消されたら嬉しいです。

WEBデザイン20レッスンを無料プレゼント中
特典を詳しく見る