• 岡﨑裕暉 他己紹介 by澤 起奈子

    こんにちは!澤 起奈子です。
    今回は内定者のざっき―」こと岡﨑裕暉さんの紹介をさせてもらいます!

    ざっきーは現在、拓殖大学商学部に通い、社会、ビジネス、流通などを学んでいる大学生。
    彼は、まじめで優しい!」そんな言葉の似合うハニカミシャイボーイです

    この記事では彼のこれまでの人生や、味わった苦悩、これからのビジョンをまとめました。
    岡﨑裕暉とは・・・どんな人なのか?について、知ってもらえたらと思います!!

     

    本人曰く、「普段仲良くなるまでは、めちゃくちゃ人見知りで、よく怖い、ロボット人間”って言われるけど、自分では何で怖いと思うのかわからない。」とのこと。

    しかし、私から見たざっきーは、自分の意見をしっかりと持っているし、気も配れて優しさにあふれている!

    そんなざっきーの素顔から、いってみよう!

    ハニカミシャイボーイの素顔

    「ロボット人間」と友達に言われたハニカミシャイボーイこと岡﨑さんの素顔について、愛犬とじゃれてあそ無邪気であたたかい姿を見せながら紹介していきます!

    最近、ざっき―は空き時間に、YouTube(NBA、ゲーム実況、大食いの動画、おすすめ動画など)、読書、犬とじゃれる・・・このようなことをして過ごしているようです。

    (※ちなみにざっきーはあまりたくさん食べられないので、大食い動画を見て満足しているようです。かわいい 笑)

    NBAを見るようになったきっかけは、お父さんとアメリカに行った時に生で試合をみたこと!
    これを機にはまったNBAの選手の人物像が、今のざっき―の目標に・・・。

     

    それでは、彼のこれまでの人生を公開していきますね!!

    〈ざっき―の簡易履歴書〉

    小学校  – ボーイスカウトに参加
     – 中学受験のために勉強
     – 友達に誘われて剣道を始めた
    中学校  – 面白い先輩に誘われて剣道部に入部
     – 学校では行事が多く、修学旅行でイタリアに
    高校  – 部活で同期の推薦を受けて、副主将に就任
     – 部活や家庭事情、大学受験が重なり悩む時期も
    大学  – 居酒屋でアルバイト
     – ゼミ活動に力を入れた

    こんな人生を歩んできたざっきー。
    彼の魅力をお伝えするため、掘り下げて詳しくみていきましょう!

    全然楽しくないじゃん、つらいよ

    今のざっきーを語るには剣道部での経験は外せない。そこで2つほどエピソードを紹介します!

    〈episode1:剣道〉

    中学校の頃、面白く慕っていた先輩に電車で、「剣道部に入らない?」と誘われて剣道部に入部を決めた。
    ところが、入ってみると全然楽しくない、きつい・・・。

    中学生の頃は県大会に出るのが当たり前で、先輩の強さにあやかってぬるま湯に。

    ところが、高校になると周囲の学校が強い選手を集めて強くなり、環境が一変した。
    急に地区大会に出るのも難しくなったのだ。

    そんな状況下に置かれたチームの副主将ざっき―は「頑張らなきゃ!」与えられたメニューはもちろん、日々の練習をしっかりとこなすように。

    努力を積み重ねることで、プレッシャーのかかる場面でも成果を出すことができたのです。

    ざっきーは身を持って、日々の努力や練習が技術と結果に大きな影響を与えるということを学んだのでした。

    〈episode2:真面目さと冷静さの原点〉

    中学生で入部した剣道部の同期には問題児が・・・。
    試合に防具を忘れる、遅刻してくるなんてこともあり、それが原因で喧嘩になることもあった。

    今では冷静で落ち着いているざっきーだが、中学生の頃は喧嘩に参加していた。

    今では想像できないざっきーが喧嘩に参加している姿。わたしにも彼のような落ち着いた雰囲気を手に入れる方法を教えてほしいですね 笑)

    そんなざっきーも高校生になり、上に先輩がいなくなって責任感を感じるようになった。
    立場が変わったことで考え方も変わったざっきーは、高校で同期が喧嘩を始めても、喧嘩には参加せずに客観的な立場に立って妥協点を探すように!


    私も部活で副主将を務めたことがありますが、責任感や求められていることがわかっても実際に行動に移すのはとても難しいことでした。

    頭で理解したこと体現できる
    、誰でもできることではないざっきーの一面を知ることができました!


    6年間剣道部をやりきって、

    ・嫌なことやつらいことがあっても感情的にならない
    ・目標を決めてやりきる力
    ・礼儀座法、継続力、やりきる力
    など沢山のことを感じて成長したざっきー。

    そんな中高剣道時代を経験してきた彼の、さらなる進化を遂げていくであろう今後に要注目です!

    うーん、挫折?そんなつらいことなかったよ。

    あなたには今までで一番つらかったことや苦労したこと、挫折などありますか?
    ほとんどの人は挫折を味わった経験があるのではないでしょうか。

    ざっきーはこの質問に対し、
    「うーん、挫折・・・そんなつらいことはなかったです。強いて言うなら高校2年生の時かな~。」

    (安心してください。ざっきーハートは強いけど、とても温かいです 笑)

     さらに話を聞いていくと、

    「高校2年生の時は部活や家庭、大学受験など色々重なってしんどかった。
    それでも、落ち込んでいる時でも、割と普通にやらなきゃいけないことはやりきれる。
    他に打ち込むものがあれば打ち込んで、ごまかして乗り切ってきたかな。

    と彼のことを知れば知るほど
    「安定感・前向き・強い」
    こんな言葉が似合うそんな人のだと感じています!!

    (どうすればこんな精神力を手に入れることができるんだ、これが私の率直な感想です。
    とりあえず男の子が生まれたら、剣道を習わせてあげることをお勧めします 笑)

    彼の良さを単刀直入に!

    ここではまず、私がざっきーにインタビューする中で感じたざっき―の良さについてまとめました!

    ・自分の考えをしっかりと持っている
    ・臨機応変に対応できる
    ・客観的に視点を持っていて相手を尊重できる

    など沢山あります!

    そして、私が感じた彼の武器を簡略化すると
    自分の意思をしっかりと持ちながら、相手のことも考えられる」
    こんな感じ!

    こんな人と働けたら楽しいと思ませんか?

    確かに!
    と少しでも思ったあなた、ぜひ彼に声をかけてください!

    さらに彼は、自分の長所3つ答えてくださいという質問に対して、以下の3つを挙げてくれました。

    ・新たなクリエイティブ発想
    ・まじめでやりきることができる
    ・空気を読める、言われずとも求められていることを提供できる

    これらの部活やゼミナールの経験を通じて身につけた彼の武器は、一緒に働く私たち仲間だけでなく、これから関わるクライアントさんのためにフル活用され、力になってくれることでしょう!

    ざっきーにとって、WinWinな会社

    あなた自身は、就職活動に対してどんなイメージを持っていますか?

    彼にとって就職活動とは、テストのようなものだったとか。
    事前準備はとても大切なものだと思うが、一語一句カンペのようなものを準備して面接などに行くことはなかったそうです。

    理由は、取り繕った自分ではなく、ありのままの自分で勝負したかったから。

    (※就職活動の仕方や軸は本当に人それぞれ違うものだと思うので、自分にとって大切なこと、あったやりたかたを見付けてください!!)

    今ざっきーが日本デザインにいるのは、大学時代のゼミナール活動の影響が大きいそうです。

    ゼミナール活動の中で、新規事業を立ち上げていく作業やベンチャー企業論を受けて、新たな創造を自由に行うことやクリエイティブなことに興味を持つように!

    これが後々ざっきーの就職活動の軸となり、日本デザインに興味を持つきっかけにもなったようです。

    彼は日本デザインに対して、
    「クライアントは救われる&自分自身が成長できる」、「自分のやりたいことを突き詰められるそして、「WinWinな会社だ」という印象を持ったそうです。

    ざっきーにとってWinWinな会社は、日本デザイン!
    そんな会社に出会えてざっきーはラッキーボーイですね!


    最終的に選考を進み、インターンシップなどを通じて、日本デザインの社員同士のつながり・仲の良さを感じることができ、実際に働く姿を想像できたそうです。

    これがざっきーの日本デザイン入社を決めた理由です!

    私は彼の言葉を聞いて、WinWinな関係が整っている会社で働けたら、それはとても幸せなことなんじゃないかなと感じました!!

    ざっきーのモットー!

    あなたは将来どんな人になりたいですか?

    ざっきーこと岡﨑裕暉には、明確に目指している姿があります。

    「将来コービー・ブライアントみたいになりたい!!」

    コービー・ブライアントは最近交通事故で亡くなってしまった元NBAプレーヤー。

    ストイックで絶対に練習や試合で手を抜かない。そして過去に過ちを犯したが、ごまかさずに奉仕活動などに取り組み、しっかりと向き合い周囲に認められた選手です。

    憧れのコービー・ブライアントのような姿に近づくために、周囲から注意を受けたとしてもまずは一歩引いて考えるように意識しています。
    将来、間違いを認められない人にはなりたくない。

    そんなざっき―のモットーは「将来、もし失敗や間違いを犯したとしても真摯に向き合って前に進める人間になる!」です。

    今よりもさらに大きくなった彼の姿を皆さん楽しみにしていてください!

    最後に

    これから社会人になるにあったって「不安なことは特になし。考えても仕方ないから、やるしかないんじゃないかな。」彼はこう言いました。

    私は、「それはそうだけどそう思えるざっきー素直にカッコいい!!」
    そう感じました。

    あなたはどう感じたでしょうか?


    最後に沢山魅力の詰まったざっき―からいくつかお願いが!

     

    一緒に働く皆さんへ

    褒められると調子に乗っちゃうので、お尻たたいてほしいです。
    高い壁でも乗り越えるので見守っていただけると嬉しいです。

    とても、人見知りなので最初はとにかく話しかけてきてほしい!
    仲よくなったらどんどんいじってもらって
    OK
    みんなで
    BBQ、海、スポッチャ、飲みに行きたいのでどんどん誘ってください!!

    これからどうぞよろしくお願いします!