• 開催レポート!10/21 幸福度の高い会社の作り方セミナー

    ~セミナー開催こぼれ話~

    こんにちは!日本デザイン、イギリスからリモートワークをしている3児のママ、ヨークです!

    緑が多いイギリスですが、この時期は紅葉で街並みがとってもカラフル!秋の澄んだ空気をいっぱい吸いながら、落ち葉の中を「長靴」で散歩するのがイギリス流。もうすぐハロウィンなので、明日はカボチャのランタン作り。今年はどんなデザインにしようか?と子どもたちと相談中です。

    (ちなみに去年はカボチャのオバケではなく、ポケモンでした笑)

     

    さて、先週の水曜日(10月21日)にセミナーを開催しました。

    その名もズバリ「幸福度の高い会社の作り方」セミナー

     

    新しい働き方の価値観を学べるセミナーです。

     

    こんな働き方していいんだ!

    働くってもっと楽しいものなんだ!

    と気づける内容でした。

    今日はそのセミナーについて、レポートしていきますね!

     

    いつもと違う切り口、今回のセミナー企画にいたるまで

    今回のセミナーは、もともと経営者の方や、会社の幹部の方向けに

    企画したものでした。

     

    代表の大坪はいつも、いろんな会社の経営者の方から

     

    「なぜ日本デザイン社員は楽しそうに働いているんですか?」

    「どういった会社経営をされているんですか?」

    「なぜ優秀な社員が集まるんですか?」

     

    と、質問を受けます。

    そこで、今回初めてですが、

    日本デザインの裏側をお話するセミナーを開催することにしました。

     

    経営者の方向けではあるんですが、

    「働き方」や「働くとはどういうことだろう」について

    新しい価値観を得られるセミナーでもあるので、

    一般の方にもぜひ参加してほしいと思いました。

     

    一番は、もっと日本デザインを知ってほしい!という気持ちが強かったです。

    新しい働き方の価値観を学べるセミナー、その内容は?

    セミナーの内容としては、代表の大坪から

    初給料16万円でも、優秀人材が続々と集まる会社の秘密についての話や、

    社員の幸福度を高めるために具体的にどんな施策をしているか

    そして、大坪スタイル「参加者からの質問の内容を深堀する」お話がありました。

     

    その後に、

    実際に入社してきた中途4名の社員と新卒内定者1名が登壇して、

    日本デザインの「こんなところに惹かれて入社した理由」

    本人たちがシェアをする、という初の試みがありました!

     

    そして現在、代表大坪の考えのもと、

    こういう社員たちが、こういう思いを持って働いている。

     

    まさに、日本デザインの裏側を知れちゃうよ!という内容でした。

     

    結構、驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、

    他の会社で優秀であっても、有名大学を卒業していても

    日本デザインに入社するときは、一律16万円スタートなんです。

     

    今年の4月に男性3名の中途社員、7月に女性6名の中途が入社し、

    来年21年4月には17名の初の新卒が入社予定です。

    現在は、22卒の採用活動も行っています。

     

    今年の新卒採用では、約1000名学生たちが日本デザインに興味を示してくれて、

    選考で勝ち抜いて17名が来年の春に入社してきます。

     

    青山学院大学、筑波大学などの卒業者もいます。

     

    中途社員の中には、

    元会社の経営者、元大手人事コンサルタントとして500社を担当していたリーダー、

    競合会社の元幹部、月収100万円のフリーランスなど、

    収入も役職もそれなりにある優秀な人材がいます。

     

    なぜ、この無名の小さな会社に、これだけの人材が集まり、

    何を魅力的に感じて入社を希望するんだろうか?

     

    しかも、幸福と言っても

    お休みが多いとか、給料が多いとか、福利厚生がしっかりしている

    とかではないんですよね。

     

    幸せに生きる、幸せに働くために必要なものを得られるような仕組みにしている、

    というところなんです。

     

    今回は日本デザインのそういった部分を公開したセミナーでした。

     

    ~働くって幸せなの?

    年代も経歴も様々。海外からのご参加もありました!

    今回は、初の試みということもあり、メルマガで1度だけセミナーのお知らせをしたため、すでに日本デザインのことを知ってくださっている方々がたくさん申し込んでくださいました。経営者の方、個人事業主、大手会社員、人事採用担当者、フリーランス、学生、オーストラリアから40名以上のご参加がありました!

    日本デザインのWebデザインスクールの受講生さん、外部講師さんたちも、「もっと日本デザインの裏側を知りたい!」と参加してくださいました。

    参加者が知りたかったこととは?

    お申込みの際にアンケートで事前にどんなことを知りたいのか、質問を募集しました。

    その中には

    ・求人募集に困っているので、アドバイスがほしい

    ・効率的な人材採用について知りたい

    手をかけて育成しても、期待していた人ほど転職していってしまう

    といった会社経営のより良い施策や仕組みに関しての質問も、もちろんいただきました。

     

    でも、意外と一番多かったのは「働く=幸せって可能なの?」といった質問でした。

    例えば、

    多くの人が働くことにマイナスイメージを持つ中、「幸せに働く会社の秘密」を知りたいです。

    日本デザインさんの皆様は常に明るく楽しく仕事をしてるイメージがあり、日本デザインさんが大切 にしてる「働くとはどういうことだろう」について、大切にしてる事を知りたいです。

    「幸せに働く」について最近深く考えていました。日本デザインさんの考える幸せな働き方について お話しを聞きたい

     

    など、他にもたくさんいただく中で

    それって日本デザインだから可能なのでは?とか、

    もし、自分にもできるなら、そのヒントを知りたい、とか、

    自分も幸せに働きたい!といったお声が聞こえてくるようでした。

     

    具体的にはどんな質問があったのか?

    セミナーの中で具体的に出た質問の内容としては、

     

    コロナで仕事がなくなってしまい、これを機にオンラインで仕事を始めました。現在チーム で仕事をしていますが、「ほしい人材、いらない人材」について大坪さんにお聞きしたい。

    ・まだオンラインでしか会ったことがない他のメンバー2名とチームで仕事をし始めました。 収益が出たときの分割方法や考え方について違いがあったらどうすれば良いでしょうか。

    デザインの入門、中級を受講したのですが、講師と受講生の関係性や構造になにか意図があ ればお聞きしたいです。

    ・ゼロイチの初級を受講していますが、講師の接し方がすごい上手で関心しました。会社で  共有している方針や考え方があれば教えてほしいです。

    ・職場で居心地が良い人間関係について心がけていることはなんですか。

    ・最低限のルールについて、どんなものがありますか。

    ・お金や大企業といった「社会的地位が大切である」この風潮は今後どうなるのか。

    ・どのようにして人材集めているのか、その基準はなんですか。

    ・ゼロイチの入門編を受講する予定ですが、その前に、運営されている社員の皆様が、どんな 考えを持っていらっしゃるのか知りたかった。

     

    など、たくさんのご質問を、実際に大坪に直接質問していただいたり

    Zoomのチャットに記入していただきました!

    ありがとうございます!

    みなさんの質問を通して、またそこから学びがあったんではないかと思います。

     

    代表&社員の本音~

    代表大坪の話

    一般的なセミナーのように、本日のテーマに沿って

    自分が話すと決めた内容を最初から話すのではなく、

    その日、実際に参加されている人が抱えている課題や、質問を聞き出し、

    それに合わせて話を深堀していくのが大坪流なんです。(たぶん)

     

    よく考えたら、参加者側からしたら、自分の現状や課題に合わせて

    セミナーの内容を深堀して、詳しく話してくれるって、いいなぁと。

     

    そしてそれは、ただ「話を聞く」というものではなく

    大坪からもいろんな質問がとんでくるので、

    双方の「参加型」セミナーというのでしょうか。

    なので、聞く側も質問に答えられるよう、油断できません笑

     

    そうやって「参加」し、アウトプットすることで、

    学びの吸収レベルが格段ににアップするんだな、

    それを代表大坪は参加者のために促しているんだな、と。

     

    そして、参加者の方からのいろんな質問に対して、

    わかりやすい例え話と共に、なんでも答えられる大坪さんってすごい、、。

     

    余談はさておき、

    代表大坪の話は、参加者からの質問を拾いつつ

    今回のテーマである「幸福度の高い会社の作り方」の具体例や

    自然と人が集まる会社の仕組みなどのお話し、

     

    他にも

    ・なぜ初任給16万円なのか

    ・目先の利益ではなく長期的なリターンを得るための施策とは

    ・多くの経営者が見落としがちな「パフォーマンスを保つ」簡単・単純・気持ちが良い方法

    ・デザインスクールの受講生が、半年後には講師になって活躍している秘訣

    ・広告費がなくても採用応募がすぐに集まる理由

    ・大半の企業が見落としてる「膨大で無駄なコストと労力をかけているもの」

    ・シリコンバレーで得たヒントをもとに作られた、日本デザインのオフィス

     

    など、内容の濃いお話でした。

     

    社員や新卒はどんなことを話したの?

    今回のセミナーで初の試みである

    入社してきた中途4名の社員と新卒内定者1名が登壇して、

    日本デザインの「こんなところに惹かれて入社した理由」

    本人たちがシェアをするという場面でも、参加者の方たちはとても

    興味深く聞いてくださいました。

     

    それも、そのはず、なぜ今までのキャリアや収入を捨ててまで

    初任給16万円の会社に入社したの?そこになにがあるの?!と

    思っちゃいますよね。

     

    実際に、今回のセミナーお申し込み事前アンケートでも

    安い給料でなぜ働くか?を聞きたい

    大手企業から収入を減らしてまで転職された社員さんの話を今一度聞きたいです

     

    というお声をいただきました。

     

    話した内容としては

    ・経歴

    ・転職・就職の経緯・理由

    ・入社理由

    ・入社してみて実際どうなのか?

     

    今回、登壇した社員をほんの少しだけ紹介します。

     

    1人目:山本真子(やまもと なおこ)通称:まこちゃん 

    元大手人事コンサルタントとして500社を担当してきたマネージャーさんです。

    ものすごいバリキャリの経歴で行動力抜群!でも、気さくで優しくてキュートな女性です。

    私は心の中で「スプレッドシートの女神」と呼んでいます笑

    真子ちゃんとお仕事をすることが多いのですが、いつも癒されています。

     

    そんな、真子ちゃんは今まで500社以上の企業さんをみてきて、

    初めて「この会社に転職したい!!」と思ったのが日本デザインだったそうです。

     

    2人目:西原小晴(にしはら こはる)通称:小晴姉さん

    元月収100万円越フリーランスライターさんです。

    スキル、知識、そして情報のアンテナがものすごい小晴姉さんは、めちゃカッコイイ女性です。

     

    いつもいろんな情報をシェアしてくださり、それがププッと笑えるブログであったり、

    役立つセミナー情報であったり、私のアンテナにはまだまだ引っ掛からないものたち笑

    私のようなIT未経験者にも、「クリエイティブな情報発信」の魅力を教えてくれます。

     

    フリーランスのときは、売上が数億円を超えるなど順調に仕事をしていたけど、

    「もっと 社会にインパクトを与える大きな ことをしたい」と思い、

    組織に属することを選んだのだとか。

     

    でも、それには4つの条件を決めていて

    そのすべてを日本デザインは満たしていたんだそうです。

     

    今回のセミナーで初めて「小晴姉さんの組織選び4ヵ条」を教えてくれました。

    お休みが多いとか、給料が多いとか、福利厚生がしっかりしている、

    とかは1つもなくて笑

     

    「仕事ができる人は、そういう視点で会社を選ぶのか!」と

     すごく学びがありました。

     

    3人目:藤澤 洋毅(ふじさわ ひろき)通称:ふじもん

    元大手アパレル企業にて、同期中最速で副店長に抜擢、東京エリア個人売上ランキング1位獲得など華々しい実績を作るも、仕事で忙しく、家族の大事なイベントに立ち会えないという葛藤が。

     

    息子さんの誕生をきっかけに、働き方を変えようと決意。日本デザインのWebデザインスクールを受講し、半年でフリーランスのWebデザイナーデビューを果たし、わずか2ヵ月後には月収100万円を稼ぐまでに成長。自分が人生を変えられたように、今度はそれを熱望している人の助けになりたい。なにより幸せに活き活きと働くパパの姿でありたいと思い入社。

     

    ふじもんさんは、いるだけでその場を明るく和ませてくれる存在。そんなふじもんさんと「将来、子どもが大きくなったら、こんな世の中であってほしい」という話をよくします。そのためにも大人がまず、活き活きと働くことの大切さ。今回のセミナーでは、初めて知ったお話もあり、同じ親という立場で聞いていて、胸が熱くなりました。

     

    4人目:髙宮和文(たかみや かずふみ)通称:たかみーさん

    競合会社の元No.2であった髙宮さん。HP制作会社、ホットペッパーの営業、テレビ局などを経て、 WEBプロモーション会社に転職。WEマーケティング、WEBデザイ ン、ライティング、広告運用など幅広い業務をこなし、売り上げは1案件で数億円規模を生み出すスーパーマーケター。

     

    9年に渡り「ネットで売るスキルを極めたい」と思い、仕事に没頭してきたある日、「マーケティングとは、ただ数字を追いかける仕事なのか?」と疑問に思い始め、そのときに出会った答えが「ビジネスは売上だけを追うものではない。何人の人に変化を与えられるか。」という代表大坪の言葉だったようです。「日本を良くする」というミッションに共感し、この会社なら、これからも成長していく自分の姿が思い描けたんだそうです。

     

    「髙宮さん1人で5人分以上のお仕事を担っている」と久保さん(No.2)が言ってましたが、本当にすごい大先輩です。でも、話すと優しくて、おもしろくてとっても気さくなんです。いつも全体ミーティングや勉強会で、みんなを笑わせながらも、最後はかっこよく締めの言葉を言ってくださるバランスが絶妙です。

     

    実は、髙宮さんは日本デザイン初のパパさん社員であり、初の完全リモートワーカーなのです。

    日本デザインの新しい働き方を実現してくれたパイオニア。その恩恵を受けている私です。

    私はインターンDay1のときから髙宮さんにお世話になっており、いつも仕事のことでいろいろと教えていただいています。それと同時に「子どもがいながら働く」ということの喜びと、少し大変なところを共感してくださり、気持ちの面でもフォローしていただき、何度救われたことか。

     

    その髙宮さんの素敵さは育メンでもあるところです!今年の春に産まれたばかりの娘さんにメロメロだったり、この前は半日お休みをとって、息子さんの幼稚園の体験会に参加したり。そんなパパがいっぱいの世の中になったら、どんなに幸せな家族が増えるだろう!と心から思います。

     

    今回のセミナーでは、髙宮さんのお話を聞いて、「幸せな働き方を実現するために、個人ができる大切なこと」を学びました。

     

    5人目:山下裕之(やました ひろゆき) 通称:やまちん

    2021年4月入社予定 新卒生1期のやまちんは、大学入学後、ラクロスに夢中になり「試合の分析」と「新人指 導」を導入して、創部30年で初めて全国3位に導いたすごい学生さん。アルバイトのマ ッサージ店では店舗運営にも携わり、200店舗中150位だった売上を3位まで引き上げた実績も!

     

    そんなやまちん、実は大手企業の内定を蹴ってまで日本デザインに入社することを決意したようです。大坪の考えに感銘し、「この企業で働きたい!」と内定を勝ち取りました。その背景には、内定確定に至るまでに出会った日本デザインのファンの方たちとの交流や、内定者同士の関わりを通じて「良い人ばっかり!」ということに衝撃を受けたそうです。そして成長のチャンスが流星のごとく降ってくるこの会社なら「絶対に成長できる!」というワクワクと確信に繋がったようです。

     

    セミナーで話すやまちんを見て、本当に学生さんなの?!と思うほど、立派な社会人の顔をしていました。それもそのはず、今すでに週5で日本デザインに通っていて、いろんなことを吸収してどんどん成長しているそうです。す、すごい!やまちんの話す内容や、どんなことを考えて就職先を選んでいるのかを知るのは、とても新鮮で大きな学びとなりました。

     

    参加者からは社員が自分のやっていることを楽しんでやることの重要性を再確認しました」との声も

     

    今回の変わった切り口、初の試みがあったセミナーを終えて、参加者の方たちからいろんな感想をいただきましたので、一部ご紹介いたします!

     

    ・大坪社長のお話や、キラキラ輝いていらっしゃる社員さん達にとても良い刺激を受けました!私 もこのような素敵な会社で楽しく働きたい!と強く思いました。

    就活後の姿を思い描いた会社選びの軸や、学生ならではの行動の仕方などをこれからに活かしていき たいです。

    社員が自分のやっていることを楽しんでやることの重要性を再確認しました。

    ・こんなにも社員さんがキラキラと楽しそうにお仕事できる会社を、初めて目の当たりにしました。

    ・「楽しく働いている根拠」は言葉で示すよりも、社員さんに実際に話してもらって、雰囲気から感  じとる方が説得力があると思いました。この方たちは、心から仕事を楽しんでいるんだろうなと思い ました。

    ・多くの学び・共感できる点がありました。また、社員自らのお話は、当事者だけに説得力があり、と ても楽しく聞け、また参考になりました。年休をとって、参加して良かったです。

    ・楽しいかどうかが社員の生産性を上げるというお話から、マネジメントや他の同士との雰囲気作りに 活かせると思いました。

    ・御社が、環境づくり、楽しさ、人のために頑張ることをどれだけ大切にしているかということ。

     社員の方が御社で生き生きと働かれていること。

     

    セミナーを開催してみて、思うこと

    【今回のセミナーを発案&登壇した髙宮さん】

    開催する前に、こういったテーマで参加してくださる方がどれぐらいいるんだろう?と少し不安でしたが、いざ募集してみると多くの方がご参加してくださり、質問などもたくさんいただきました。

    私は、やりたいことがはっきりしていますが、「自分は何をしたいんだろう?」とモヤモヤしている期間が長くありました。その経験が、少しでも今、働くことに対してモヤモヤしている方の気づきになれば嬉しいと思います。

    改めて、この会社で働く意味や、自分が働く意味を見直すよい機会になりました。

     

    【司会進行&登壇した真子ちゃん】

    まだ、世の中的にも「働く=辛いこと」だと思っている人が多くいる中で

    「幸せに働くこと」について興味を持って参加してくださる方がいらっしゃったこと、

    そして、実際に参加された方からも、セミナーから学びを得られたというお声をいただけて、とても嬉しかったです。

    自分が日本デザインと出会い、人生が変わったように

    今回のセミナーや今後の活動が、少しでも誰かの幸せに繋がったら嬉しいです。

     

    【ヨークの個人的な感想】

    今回のセミナー開催にあたり、「幸せに働く」を改めて深く考えるいい機会になりました。

    私はイギリス在住であり、しかもIT企業未経験で、前例なしの海外リモートとして日本デザインに入社させていただきました。ヤル気の熱量と根性で受かったパターンです笑

    今回のセミナーの中でも、大坪さんが「やる気と根性のある凡人は何年かしたら天才をぬく」とおっしゃっていましたが、日本デザインは本当に人格を大切にする会社なんだと思いました。

     

    仕事はやりがいがあって、おもしろいものが多いですが、それと同時に一緒に働くメンバーがまた重要であり、最高だなと改めて感動した一日になりました。そして、それを発信していくことで、参加者の方たちにも「そういう視点で会社を選んだことなかったな」とか「そういう働き方っていいな」とか「これなら明日から実行できそう!」と、その人らしい幸せな働き方を見つけるきっかけになったら、本当に嬉しいです。いただいた質問や感想をもとに、セミナー内容をブラッシュアップしていき、次回またさらに良いセミナーを開催したいなと思いました。

     

    セミナー以外でも、代表の大坪から学び、人生を変えるきっかけとなる場所

    最後にちょっとだけお知らせを!

    代表の大坪による「幸せな生き方・働き方を実現するための人生デザインサロン」は初月無料で参加できます。

    「成功=幸せではない」「幸せな人生はいくつかのカテゴリーがある」など大坪メソッドを細かく学びながら、自分の幸せな人生の設計図を作り、実践し、仲間と共有できるコミュニティです。

    今人生でモヤモヤしている方や、幸せな人生をデザインしたい!という方は、ぜひ参加してみてください。

    大坪拓摩の幸せな人生デザインサロンの詳細 ⇒ https://bit.ly/31U2ffd