• コロナで落ちる人と上がる人を分ける9つのこと

    毎日、増える死者数や感染者数を見てばかり。
    そんな中で政(まつりごと)は何をやってるんだ、
    「おうちで過ごしてる場合か」なんて言う人もいるけど、
    うち出たら出たで避難されるしすごい時代ですよね。

    多くの人が不安なのは分かります。

    けど、その不安って本当にコロナへの不安でしょうか?

    よく考えてみて欲しいと思います。
    不安はリアクティブな時に起こります。

    自ら選択をして、何かを決めて進んでる時、不安は起きません。

    誰だって選択する前、決める前はもちろん不安ですが、
    実はその不安も動き始めたら消えます。

    では、今、
    コロナが不安だと言う人は
    本当はナニが不安なのでしょうか?

    それは為す術なく、ただ、自分の日常が
    脅かされるからに他なりません。

    たとえば、自分は不安ゼロです。
    多少は世界恐慌のあおりを受ける可能性もあるので、
    金銭的な損や後悔は生まれるかもしれませんが、、

    今に不安はありません。

    それは何故か??

    アフターコロナで上がる人が持つ9つのこと

    これを多くの人に知って欲しいと思います。

    はじめての人でも分かりやすいように、
    3つのカテゴリーに、それぞれ3つでまとめました。

    1:これまでに備えていたこと。
    2:これからの備えをしてること。
    3:明るい未来を描いていること。

    たったこれだけの事をしていれば、不安は減るか、軽くなるか、無くなります。

    1:これまでに備えていたこと。

    では、大坪の場合は何を備えていたのか?

    1-1:オンラインに対応していました。

    対面での活動が自粛となりましたが、
    自分も自社も4年前からオンラインにシフト完了していました。
    今流行のzoom飲みも4年前からやってました。

    1-2:ポータブルスキルを獲得していました。

    今じぶんが置かれている業界が消え去っても、
    すぐに収入再開できるためのポータブルスキルを複数得ていました。
    デザイン・ライティング・動画・広告運用 etc.あります。

    1-3:今回の事態を予想していました。

    2020年が節目になることは、2013年に
    オリンピック東京開催が決まった時に気づいていました。
    それが痛みを伴うものになったのは残念ですが、
    いくつもの備えを3年以上前から始めていました。

    2:これからの備えをしてること。

    今年来年、皆が今見ているものより大きな変化が起きます。

    2-1:変化を予測している。

    IMFが経済成長率を見直した通り、世界経済に大きな影響が発生し、
    日本も例に漏れずに5%以上下がるが、
    自分や周りの人にどんな影響が出るかを予測することが大事です。

    2-2:予測した事態に備えている。

    目の前から銃弾が飛んでくるのに、突っ立てたら玉に当たります。
    ですから、読みに応じて、応じ手を変える必要があります。
    自分の場合は、先述の1-1, 1-2がそれに当たりますが、
    さらに今、手数を増やしている最中でもあります。

    2-3:予測が外れた際の備えをしている。

    当然ですが、自分は全知全能ではありませんし、
    預言者だって預言を外します。なので預言者なんていません。
    誰かの一挙手一投足がパラレルワールドを作り出す世界では、
    自分が選んだ道を、常に自らが疑い、見直す必要があります。

    ちなみに、自分は日本はロックダウンをしないと
    2ヶ月前から周囲に言っていましたが、
    万一外れて社員や周囲を困らせることはしたくないと思い、
    ロックダウンなしの予測が外れた場合にどうしてれば良いかの
    シュミレーションと対策もしてありました。

    3:明るい未来を描いていること。

    人間は、頭が、体が、気が向いている方に進みます。

    3-1:自分の向きを知ること

    ネガティブな未来を信じていたら、あなたはそこに到着します。
    今、あなたはどこを向いていますか?

    3-2:身近な人の向きを知ること

    私たちは何かの一因であり、一員なので、自分が変わるだけでなく、
    最も影響を受ける、周りの人間関係の向きにも気づく必要があります。

    3-3:描いた未来を信じること

    信じる者は報われる、とありますが、その通りです。
    ただ、「報われる=プラスの出来事が起きる」と考えるなら、
    プラスの未来を信じる必要があります。

    信じられない、信じたくない未来なら今すぐ捨てましょう。

    私たちの周りの世界は今後しっかりと下がりますが、
    それが私たちの害になることが決まった訳じゃありません。

    本当はもっと多くのことを書きたいのですが、
    そろそろ長くなったので、ここで止めます笑

    9つのことも、それぞれ400-800文字は書ける内容なので、
    機会あればYouTubeかオンラインサロンで話そうと思います。

    ▼大坪拓摩オンラインサロン Facebookグループはこちら
    https://www.facebook.com/groups/jd.salon

    文字が良いってことであれば、またブログで発信しますね。

    こんな長い文章を読んでくれたあなたが
    もし、今後のことで不安が残っているんだとすれば、
    簡単にできることの1つは、1-2の話ですが、

    その最短ルートは、うちのスクールを受講することです笑

    WEB業界で活きるスキルが身に付く
    オンラインスクールを主宰しています。

    あまり売り込む気はないので、
    気になった方はこちらのHPを見てください。

    ▼日本デザインスクール ゼロイチWEBデザイン
    https://design-school.online/

    ▼日本ライターカレッジ
    https://writer-college.jp/

    ▼日本ムービーアカデミー
    https://movie-academy.jp/

    ▼日本プログラミングスクール
    https://web-programming.jp/

    ▼日本フォトスクール
    https://photo-school.jp/

    まとめ

    今日はコロナを浄化するかのような大雨の中、
    コロナで落ちる人と上がる人の9つの違いを書きました。

    改めてまとめると、

    コロナで落ちる人と上がる人を分ける9つのこと

    1:これまでに備えていたこと。
    1-1:オンラインに対応していました
    1-2:ポータブルスキルを獲得していました
    1-3:今回の事態を予想していました

    2:これからの備えをしてること。
    2-1:変化を予測している
    2-2:予測した事態に備えている
    2-3:予測が外れた際の備えをしている

    3:明るい未来を描いていること。
    3-1:自分の向きを知ること
    3-2:身近な人の向きを知ること
    3-3:描いた未来を信じること

    です。

    作家でもないので、特にうまくもない文章ですが、
    誰かの役に立てたら幸いです。

    読みやすい・読みにくい(後学の為、改善点も教えて下さい)・どこが役に立った、など気づいた点があれば、コメントとかで教えて下さい。

    あなたの明るい未来のサポートになれば嬉しいです ^^