腰痛専門家育成コース 説明会

年前、現場で悩み、日々の研究に励む1人の整骨院院長がいました。様々な治療を学び、時間とお金も惜しまず投資してきました。患者さんの喜びのため、院の発展のため、腕を磨き続けました。しかし、どれだけ学んでも、期待したほどの効果は出ません。

んなとき、彼はある治療家にめぐり合います。その人は看板もないマンションの一室で、まるで外界からの接触を拒む仙人のようにひっそり治療を行っていました。看板もない院ですが、県外や海外からもお客さんが足を運ぶ治療院でした。その実力にすぐに一目惚れ。弟子を取らない彼に、何度も交渉を重ね、門外不出だったテクニックを学べることになりました。
の治療家から技術を学び、臨床の結果はガラリと変わります。特に腰痛は、何十年と悩んだものでも「こんなに良くなったのは初めてです!」と皆さん言って喜んで帰られます。患者さんがどんどん良くなっていく姿に、この仕事の“喜び”や“やりがい”を思い出しました。

かし、売上は上がりませんでした。いい結果も出ているし、今まで満足もしてもらえてる。時期を同じくして、保険もさらに厳しくなり、この治療を決死の覚悟で「自費メニュー」として出すことにしました。そして、結果は散々…。今まで来てくれていた人たちに見事に断られ、新しく来てもらえた患者さんも、1、2回で結果に満足されリピートがとれません。

より「リピートを取る」というのが今までの考えからすると何か違和感を感じていました。「自費=1回で治さないといけない」そんな言葉に縛られていました。
直、それでも臨床は楽しかったのです。技術もしっかり身についてからは、泣いて喜ぶ患者さん、人生が変わったという患者さん、患者さんからの感謝の手紙など…経営は不振でもそれなりに楽しくやれていました。「いつかなんとかなるだろう…」そんなことを考えながらなんとなく毎日を過ごしていました。そんなときに、

が倒れました。命に関わる病気です。
それまで彼は院の経営に興味がなく、数字はすべて妻に任せていました。その妻が倒れたとき、初めてことの重大さを知りました。「あいつはこんな状況を支えていたのか…」言葉が出ませんでした。そのとき、やっと気づきました。

者さんに喜んでもらう裏側で、家族を泣かしていたんだと…。倒れるまで気付かないのに、良い治療家のつもりでいた…。このままじゃダメだ…。「今が変わるときだ」そう心に刻み、自己満足を捨てました。真剣に「売上を上げるためにはどうするべきか?」を考え、そして「マーケティング」というものに出会います。

ーケティングは、院と自分を大きく変えてくれました。それまであった「お金をもらう罪悪感」「通院してもらう罪悪感」「100%痛みが取れなかったときの罪悪感」はすべてなくなりました。そして、完全予約制を取り入れ、集客方法や問診を変え、患者さんへの説明ツールやニュースレターの作成、いろいろなことで患者さんに治療だけでないメリットを与えていきました。

果、元々あった治療技術と相まって、最低時期から約4倍の売上をたった4ヶ月であげることができました。今ではどんな治療院が近くに開院してもビクともしない“治療技術”と売上が上がる“仕組み”を持っているので今後の経営にも不安はありません。

記の物語は、あなたにお伝えしているメソッドで、人生を変えた治療家さんの実話です。同じ院長として、共感できる部分も多かったのではないでしょうか? この治療家さんのように、「患者さんのため、家族のため…」と言って一生懸命に技術を磨いていませんでしょうか?

そのこと自体は、間違いではないと思います。しかし、「売る」にはそれだけの努力では足りません。「売る」には“仕組み”が必要です。しかし、“仕組み”だけにも限界があります。

回は、その2つの限界を超える坂口廣純の坂口治療室のモデルと、売上を4倍上げた整骨院経営者の経営をモデルに“坂口トリニティーメソッドで稼げる仕組み”を完成させました。

《坂口トリニティーメソッド・腰痛専門家育成コース》は、その仕組みを元に、あなたが半年後、“地域の腰痛治療専門家”のポジションを手に入れ、“他を圧倒する治療技術”と“売れる仕組み”をどちらも手にしていただける講座です。なぜそれが可能なのか?その理由の一部をご紹介いたします。

かがでしょう?聞くと簡単そうだけど、意外にやっていないと思うこともいくつかあったのではないでしょうか?
では、ほぼ保険請求のみで頑張られている先生へ、なぜ自費診療がいいのか?なぜ今、ではないといけないのか?それを数字などで比較します。

と昔前の柔整師さん同士の会話で「1日何人来ていますか?」とかそんな会話でお互いの院の売上状況を探り合っていましたが、最近はどうでしょう?
自費診療を積極的に取り入れられている先生方は1日50人、100人という大人数を見なくても、ほんの半分かそれ以下の人数でそれ以上の売上を上げることができます。

【1日の売上シミュレーション】

1人院で保険のみだと…

保険患者さん1人単価が(後療料500円+温罨法75円+電療料30円)×2部位=1,210円
施術者1人で8時間営業し、1人にかける時間を15分、誘導5分と計算すると
1日24人になります。ちょっと多めに25人が来たとします。
1人単価1,210円×1日25人×25日営業=月商756,250円
たとえ50人診たとしても月商1,512,500円です。
これに家賃のほか機械のリース代とかかかりますよね…

1人院で自費診療だと…

1回治療費5400円の院で1日8時間営業1人あたりに30分、誘導5分かけるとして1日大体12〜14人なので控えめに12人で計算します。
1人単価5,400円×1日12人×25日営業=月商1,620,000円
ちなみに1日15名で月商2,025,000円です。

なんと同じ日数、同じ時間働いているのに、かたや半分以下の人数で、売上は倍近くの差が出ました!!おまけにSTMの治療なら平ベッド一台で十分施術可能ですので、毎月の機械のリース代も収入に変わります。…機械を売ったらその分も売上アップになりますね。
保険診療のみで同じだけ売り上げようと思ったら、その倍の1日50人診ないといけません…
しかも、煩わしいレセプト、返戻、部位ころがし…などの仕事の労力は倍に増えます!!

さらに、残念ながら保険改定や世論、社会情勢での保険の不安は消えません…
自費ならさらに“時短”にし、1人15分で治療をしたら
1人単価5,400円×1日25人×25日営業=月商3,375,000円

スタッフを雇って人件費が増えても全然やっていけますね。可能性は広がります。
上記の数字は、あくまで想定だ!と思われると思いますが、実際に結果を出した“集客術”“リピート術”を使えば誰でも可能な数字であるとわかっていただけます。
毎月の「保険請求ならではの煩わしい労働」に使う時間と労力を、自費売り上げアップなどに回せば…先生にも、

今の売上の倍、3倍!? 5倍!!?
そう感じた先生「動くなら今!!」です!!

化し続ける医療、増え続ける医療費、約50000軒に増えた整骨院。
しかし、10人に1人は腰痛という現状は未だに変わりません。最近の医療が腰痛に出した答えは、「腰痛の80%は原因不明」というお粗末なものでした。

もし、貴方の院に「原因不明の80%の腰痛」にアプローチできる技術があれば?希望のないエビデンスではなく、現場で培われた結果で答えることのできる「治療技術」があれば?貴方の院は地域で唯一無二の存在になれませんか?

「いや、腰痛なんてどこでも診てるでしょ…」
と思った先生は以下の問題に気づいてください。


実はこんなに町中にあるコンビニの件数は約52000軒!ほぼ整骨院と同じくらいしかないのです。整骨院がいかに多いかお分かりになるかと思います。そこで質問です。もし、コンビニってどんなところ?と聞かれたら「24時間営業している」「日用品も置いている」「お酒も買える」「ATMがある」「航空チケットやライブチケットの支払いができる」など…さすがの認知力!みなさんこれくらいのことは答えてくれます。

では、皆さんの知り合い、もしくは患者さんでもいいです。整骨院は何をしてくれるところ…?と聞くと果たしてどんな答えが返ってくるでしょう?「保険がきくところ」「マッサージしてくれるところ」「怪我したら行くところ」など…ひどい人は「保険金詐欺でしょ」「インチキマッサージ」「?」という方も少なくないです…。

事実、『YAHOO!知恵袋』で語られていた整骨院の印象についての質問に対する答えはひどいものでした…ですがそれも現実。しかもテレビや新聞でもいいニュースはほぼ取り上げられず、“悪徳柔整師”のニュースばかり報道されます。これも世の中的に、グレーというかほぼブラックな業種であるということが少しずつ知られ出していると言うことなのでしょうか。

要は、整骨院はこんなに多い割に国民のみなさんに明確な認知が少ないのがこの整骨院業界なのです。理由はもちろん「広告制限」という規定があるからでしょう。ですが今、マーケティングを勉強し、右肩上がりに売上を上げている院は何かしらの形で、“自院の認知”を増やす方法を取り入れています。困っている人々がたくさんいる中、貴方の院はそんな方々に何をやってくれるのでしょうか?そんなことすら伝わっていないのが現状です。(いくら待っていても、一般メディアは業界の「ネガティブキャンペーン」しかしてくれません)

ですが、それは同時に貴方が地域で唯一無二のポジションにつける「チャンス!!」ということでもあります。正直言って、美容院(23万軒)や歯医者(68000軒)と比べればまだまだ競争は厳しいとは言えません。ですが毎年約7000人の柔整師が免許を取得していますので本当に厳しい時代が来るのも時間の問題です。

まだまだ認知の少ないこの業界の中で、要は、
「貴方は何者ですか?」
「他所とは違って、私たちにどんな恩恵を与えてくれるのですか?」
これをいかに患者さんに知られるか。

そして、いらした患者さんに、「こんなことでこんなに良くなるんですか!?」
と他を圧倒する劇的な治療効果で感動を与え、「そんなこともできるようになるんですか!?」という希望にあふれる治療計画に納得してリピートをとる。それこそが一生困らず稼ぐための“技術×仕組み”です。知っている先生はもう既に地域唯一無二のポジションを取るために動かれています。動くなら今です!

り上げを上げる“仕組み”の話ばかりしてきましたが、皆さんの整骨院でいわゆる“商品”となるのが“治療法”です。瞬間売り上げを“仕組み”であげても、長期的なことを考えるとやはり“商品”である治療の技術の質は必要となってきます。ではその治療法で大事なことは?

それは・・・

条件1:治療理念や哲学があること
条件2:どんな症例でも原因を見つけられる検査力
条件3:シンプルな治療法
条件4:老若男女を問わないソフトな手技
条件5:施術者自身にも体力の負担が少ない
条件6:その場で変化をわかってもらえる即効性
条件7:治療計画を立てる明確な基準がある
条件8:習ってすぐに使える再現性


これらの条件を兼ね備えている技術なら
時短、満足、高単価、ラクな実費治療が可能になります。

ともと、この《坂口トリニティーメソッド》が生まれた理由は4年前。
坂口廣純先生の元に、先生の技術をどうしても学びたいという先生が全国から集まったことがきっかけでした。坂口廣純先生は、臨床年数は約40年、臨床人数は数十万人にもわたる、いわゆる「治療の職人」の先生です。しかし、普通の職人の先生と違うのが“診てきた患者さん”の属性です。

手術が必要な腰痛などはもちろん、ガンや人工透析などの難病などを診てきました。ですので、口コミだけで他府県はもちろん、海外からも患者さんがいらしています。もちろん、坂口先生自身、難しい症例に出会うたび、悩み、その都度、自己投資をして技術を磨き、難病の患者さんにも結果で応えてこられました。それまでにかけた自己投資は数千万円にもなります。

して今でもなお、自己の治療の向上のため、百万以上のお金を毎年投資しています。その技術を目の前の患者さんのためだけでなく、全国の志の高い治療家のために、まとめ、体系化した技術がこの《坂口トリニティーメソッド》です。
その坂口トリニティーメソッド(STM)の特徴を7つのポイントに分けて説明します。

Point1:《健康の三位一体=トリニティー》
どんな症例も《体の構造、栄養、心》の3つにアプローチ。現場力、予防力、そして原因不明の大きな要因である“心因性腰痛”にも対処できる正真正銘の根本治療。

Point2:難しい症例も必ず“原因”を見つけ出せる検査力
原因がわからなければ治療ができない。STM5大検査法を用いて、あらゆる角度から症状を分析することで今までにないほどの現場での応用力がつきます。

Point3:刺激は最小限で施術者もラクで副作用もない
通常のマッサージと違い、治療箇所がとても少なくシンプルなので施術者の体力も使わなくて済むのでラク。

Point4:0歳〜100歳オーバーまで治療可能な優しい手技
患者さんを選ばなくて済む。老若男女どなたでも受けられる優しくソフトな治療。

Point5:即効性があり、患者さんにも変化がわかりやすい
治療前後の筋肉の圧痛や緊張が明らかに変わるので患者さんにも変化がすぐわかる。

Point6:説明が体系化されていて患者さんに説明がしやすい
歪み、内臓の疲労、心の問題、生活習慣などがリンクしているので深いところまで患者さんの問題をあぶり出し改善することができる。

Point7:6ヶ月あれば主婦でも結果を出せる再現性の高さ
主婦からこのメソッドを学んで、今治療の現場で活躍されている2人の治療家もいます。

昔マッサージをして、人に褒めていただいたことがあり、その頃からこういった仕事には興味がありました。

しかしやってみたらとても本格的な治療法で「正直来る場所間違えた…」と思いました。ですが研修も治療内容もとても無駄がなく、ポイントを的確に教えていただけるので言う通りにやったら効果が出る。不思議でした。卒業後「ライズ接骨院」で女性セラピストとして働かせてもらえるようにもなりました。

その後、妹の体で治療の練習をしていたら、妹がいつもお世話になっている「鍼灸師」の先生から、「あなたを治療している方は何者ですか??私はこんなに体の歪みをしっかりとってくれる先生の治療を受けたい!」と言われたらしく、ひょんなことから「ベテランの鍼灸師の先生」の治療を半分素人の私ができるようになったことには本当にびっくりしました。
今はまだまだ未熟な自分ではありますが、この技術で「家族の健康」を私が見てあげることができるんだ。と思えたことはとても大きかったです。

最初に主婦の私がこの治療法を学ぼうと思ったのは、主人が接骨院を開業するタイミングで「私も何かお手伝いできないかな?』っと思ったからです。そして、これはプライベートな話なのですが、主人が坂口先生のところへ勉強を学びに行くようになってから、人が変わってとても優しくなり、とても楽しそうに仕事をするようになったからです。そんな主人を見て、「私も何か変われるかなぁ…」と思いました。

正直何も体の仕組み知らない私でしたので、「本当に自分にできるのかな?』そんな不安でいっぱいでした。しかし、研修がとにかく実戦形式だったことと、治療するポイントが明確な上、施術箇所も少ないので「そこだけを確実にやる!!」という意識で治療すると、なぜか結果が出てしまいました。
そんなこんなで気付くと接骨院で”整体師デビュー”をしていました。もちろん実費をもらって。最初は結果が出ても説明がうまくいかず、悩むことも多かったですが、今は施術にも自信を持って当たることができ、説明も納得してもらえるようになりました。患者さんと一緒に辛さを克服していくという意識で治療をすることで患者さんとの信頼も築けるようになり、「真由美先生に診てもらいたい。」というファンの方も増えました。

今では院長である主人が勉強会や往診で留守にしても、『レディースデイ』というイベントにして自分1人でも院を任せてもられるようになりました。この坂口トリニティーメソッドに出会ったおかげで私の人生は大きく変わりました。自信もつきました。私と同じように主人の仕事の役に立ちたいと思われている院長先生の奥様、主婦でなくても何か人の役に立ちたいと思われている方、自分に自信を持ちたい方には是非この治療法をお勧めしたいです。


かがでしょうか?
このほかにも、STMを学んで整骨院や整体院、訪問鍼灸院を開業した先生方が5名ほどいらっしゃいます。武器としての効果と、この再現性の高さも大きなSTMの治療の魅力の1つです。

では、そのほかの卒業生の声も見ていただきます。

私自身、毎日朝8時~夜は9時10時まで整骨院で仕事をして休みの日は勉強会に行き技術研鑽、レセプトの為に深夜まで請求業務を毎月毎月するという事が当たり前だと思い頑張っていましたが、ここ数年は売り上げが減少し続けこのままでは廃院しなければならないというところまで追い詰められていました。
しかし、「そのうちなんとかなる、なんとかできる。」と思い、ずっと目を背けて逃げていました。

あなたが守るべき大切なものは何ですか?
治療院?患者さん?家族?両親?恋人?さまざまだと思います。何を守るにしてもあなた自身が幸せで笑顔じゃないと後々必ず無理が生じます。STMを学べば、確たる治療技術が必ず身につきます。手術が必要と言われた方も治せました。やりがいも治療の手応えも感じられるでしょう。

でもそれだけでは売上を上げるのは難しいのも事実です。今回のセミナーからはこの素晴らしい治療法に、“売り方”がセットになって学べると聞きました。まさに「鬼に金棒」です。以前の私のように悩まれている先生は是非、今回の講座を学ばれることをお勧めします。皆さんで、治せて稼げる治療家になりましょう

自費移行に成功し、自費売上が15倍まで売り上げが上がりました。保険の割合も保険8:自費2だったのが今では自費8:保険2まで移行できました。2016年は本格的に自費のみの治療院に変えていきます。

今の自分が成果を出せる自信になった出来事がありました。腰痛メインの集患をし、自費も順調になってきたある日のことです。80代の女性で震災の時から1日2〜3回「ぎっくり腰」を引き起こす状態で、歩くこともままならない、ベットに腰掛けるも、動くたびに「ぎっくり腰」のような激痛が走るような状態で、最初はベットに寝転ぶことも出来ませんでした。ひどい腰痛でしたが、最初の治療で手応えを感じ「必ず良くします」と約束し、治療を行いました。回数を重ねるたびに良くなり、患者さんの表情にも笑顔が見えてきました。

そんなある日、その患者さんがお土産を整骨院に持ってきてくれました。聞くとなんと山登りをして紅葉を見に行ったようなんです!そのときの「まさか自分の足でまた紅葉が見に行けるなんて思ってもみなかった。本当にありがとう。先生の治療はお金には変えられない。」

実費をもらうのにまだ後ろめたさが残っていた自分の背中を押してくれた一言でした。今では問診で「治したかったら来ましょう。あとは自分がなんとかするから。」そう言っています。この自信もやはりトリニティーの治療をやっているおかげです。皆さまの現場において最高の武器になることは間違いありません。是非一緒に学びましょう。

学生時代から痛いところにマッサージをするとか、テーピングするとかに疑問を持っていました。東洋医学の知識があり、痛い部分や症状が出ている部分に原因がないときや、治療ポイントが違う部分にある場合が多いということは知っていましたが、それを手技で体系立てた治療を行いたいと思っていましたが、暗中模索の状態でした。

○○が痛ければ△△に手技をするなどの小手先テクニックではなく、根本的な全身治療を探していたところに、facebookでトリニティーメソッドを知りました。トリニティメソッドでは、歪みを誰にでもわかるように明確に把握し、その歪みを的確に整える手技を覚えます。そのため根本的な体のバランスを整える手技を徹底的に覚えることができました。

トリニティメソッドと出会う前はどんな症状の患者さんに対しても、「この手技で大丈夫だろうか?」という不安な気持ちがありましたが、今では「この手技で良い方向に変化してあたりまえ」という安心感があります。整形外科などで対応できない患者さんでも、自信をもって対応することができるようになりました。

知るか知らないかの違い、そしてそれをやるかやらないかの違い。
私はこの治療法を知って、やっているだけです。これはこれからの医療を変えていくくらいの素晴らしい治療法だと思っています。もし、あなたが小手先テクニックではなく根本的な部分にアプローチする治療法を身に着けたいと思っているのなら、このトリニティメソッドを学ばれることを強くお勧めいたします。

私はこの治療法で治療家としての心が救われました。トリニティメソッド、そして坂口先生、心から感謝してます。


でに100名以上の治療家がこの治療法を学んでいますので成功事例はまだまだいただいています。
ここでは、ほんの一部の感想だけ載せさせていただきました。

皆様成果を出されたとき、あまりの患者さんの反応に「魔法みたいで不思議」という感想を持たれますが、実際は治療理論、原因追求の方法、施術法、全てが坂口廣純の40年、数十万という症例実績により確立されたシンプルかつ確実に効果を出せる治療法であるということです。

それでは、そんな坂口トリニティーメソッドが少しでも気になった方に、この度の
「坂口トリニティー・腰痛専門家養成講座」治療体験セミナーの内容を公開します。


この9STEPには、よくある「机上の空論」ではなく、「実践して結果を出し続けているやり方」が大きく含まれています。

マネすれば、1ヶ月で1000万円が売り上がる講座ビジネスを、あなたも手に入れることができます。

ノウハウはあります。結果も出てます。あとは、この情報があなたにも役立つものかどうかは、自分の目で確認してみてください!

整骨院業界の今と昔の違い。もう「保険だけで食っていける時代」も「腕だけよければ食っていける時代」も終わりました。今皆様に求められているものは何か?着々と無くなっていく貴方の地域でのポジション。

自費に踏み出せないシンプルな理由と「自費に踏み出すために必ず必要になる3つのスキル」についてお話しします。この3つのどれが欠けてもいけません!!

“本当に治せる治療家の条件”と“治せない治療家の条件”
多くの治せる治療家が陥る「効果のある、エゴまみれの治療」。それでは全然治せません。そもそも治すとはなにか?患者さんとの関係性は?そこを踏まえた上でお話しします。自院の「治療のゴール設定」にもとても重要な内容になっています。

独自に確立された“治療哲学”を公開!!“哲学がなければ治療ではない創始者・坂口廣純により確立された「STMの独自の治療哲学」を公開!

創設者・坂口自ら皆様の体をSTMで治療します!今回、説明会だけなく、実際に皆様に患者さんになっていただき「自分ならこの治療を患者として受けたいか?今の患者さんに使いたいか?」を判断していただきます。

治せるだけではなぜいけないのか?実際のどん底とそこからの上昇を経験された先生方の貴重な体験から見えたシンプルだけどやっていない自費の売上を上げるルール。

当日、実際のSTM卒業生の先生方を招いて、生の実体験や症例報告をいただきます。

すから、今すぐ参加を表明してください。
これは坂口先生が1000万円を超える失敗や学習を重ねて得た結果を、あなたが最短で手に入れるための最良の方法です。

なたにリスクはありません。
参加して頂き、もし無駄だったと思うのであれば、帰ればいいだけです。
これがあなたにとってメリットある提案だと思って頂ければ、私たちが何十名もの成功者を生んだ方法をすぐにお渡しする準備があります。

※ 既に多数の方から、本講座への参加表明まで頂いております
 そのため、説明会は各会場の定員に到達次第、受付終了となります。
 もう既に17日の神戸説明会は定員間近となっています。
 ご検討されている方は、ぜひお早めに席を確保ください。

して、講座の金額も前回の技術のみのセミナーの金額と同じに設定しています。
来期からは確実に上がります。「気になったけど、今じゃないかも…」そう思われた方も、後悔をしないため今回の体験会だけでも参加されることをお勧めします。

【開催概要】
日 時 神戸:1月16日(土) 15:00~18:00【満員御礼!!】
神戸:1月17日(日) 10:00~12:00【満員御礼!!】
神戸:1月17日(日) 13:00~15:00【満員御礼!!】
東京:2月7日(日) 13:00~16:00【満員御礼!!】
東京:2月16日(火) 18:00~21:00【満員御礼!!】
東京:2月16日(火) 18:00~21:00【満員御礼!!】
東京:2月28日(日) 10:00~13:00【残席わずか!!】
※開場は15分前になります。
会 場 1月16日:TKP三宮ビジネスセンター・カンファレンスルーム 5A
1月17日:関西健康科学専門学校 6階実技室

2月7日:AP渋谷 道玄坂渋東シネタワー Aルーム
2月28日:坂口治療室内(東急東横線 都立大学駅徒歩3分)
※各回により会場が異なりますので、参加者には再度個別に案内させて頂きます。
参加費 5,000円(税込み)
※参加費は申込み案内メールに従いお支払いください。

柔整師の皆さんなら当然ご存知のように昨今の不正請求事件の問題で来年の保険改定次の保険改定とどんどん厳しくなっていく事は容易に想像が出来ると思います。私たちにとっては、またとない“追い風”と捉えています。

いわゆる“グレーゾーン”とやらで保険診療に頼って負傷理由を無理矢理つくり数をこなすだけの臨床、ずっと通い続ける患者さんは期間をおいて“部位ころがし”をして請求額を操作する…。個人的にはこのような治療家とは言えないような柔整師は業界の為にも淘汰された方が良いとさえ思っています。

逆に休みの日を返上し、時間とお金を投資して患者さんのために勉強会に出席して頑張っているにもかかわらず、売上が上がらず困っている先生が非常に多いことが大問題です。

その為に必要なシステム・ツール・技術をすべてお伝えするのが“坂口トリニティーメソッド・腰痛専門家育成コース”になっております。机上の空論ではなく実際に現場で試行錯誤しながら結果を出しているものです。実行すれば必ず、皆さんの整骨院でこの治療法が“大きな収入の柱”になることを約束します。

何よりこの治療が本当に悩んでいる患者さんの元へ、皆様の手を通じて一人でも多くにわることを願っています。絶望の淵に立たされた患者さんを救うことができてこそ、この世の中にいつまでも必要とされる治療家だと思います。

ではまた、体験セミナーでお会いしましょう。

感謝

【参加申込みフォーム】
希望する日程 × 神戸:1月16日(土) 15:00~18:00【満員御礼!!】
× 神戸:1月17日(日) 10:00~12:00【満員御礼!!】
× 神戸:1月17日(日) 13:00~15:00【満員御礼!!】
× 東京:2月7日(日) 13:00~16:00【満員御礼!!】
× 東京:2月16日(火) 18:00~21:00【満員御礼!!】
東京:2月28日(日) 10:00~13:00【残席わずか!!】
ほかの日程があれば参加したい(次回開催時の案内をご希望の方)
※いずれかを選択してください
メールアドレス ※半角英数字
お名前
ふりがな
電話番号
決済方法 銀行振込
クレジットカード

※各会場の定員に到達次第、受付終了となります。
※ご検討されている方は、ぜひお早めに席を確保ください。

当社は、お客様の個人情報を適切に保護することを事業運営上の重要事項と位置づけ、個人情報の保護に関する法律その他関係法令に従い、以下のとおり、お客様の個人情報を細心の注意をもって管理してまいります。

この方針における個人情報等の定義
1.個人情報  当社が取扱う情報のうち、お客様個人を識別できる情報をいい、お客様のお名前、ご住所、お電話番号、メールアドレス、ご勤務先、お問合せ内容等、
これらのうち1つまたは複数を組み合わせることにより、お客様個人を特定、識別することのできる情報をいいます。
2.個人データ  当社が取扱うお客様の個人情報のうち、特定の個人を検索できるよう整理された情報をいい、コンピュータの検索機能により検索が可能なもの、もしくは一定の規則に従い、目次、索引等を付すことにより容易に検索が可能な状態においているものをいいます。
3.保有個人データ  当社が取扱うお客様の個人データのうち、当社自らが作成、整理したデータであって、当社において、情報の開示や内容訂正等の権限を有するものをいいます。
ただし、保有期間が6ヶ月以内のもの、その他法令に定めるものを除きます。

個人情報の収集
当社は、適法かつ公正な手段により、個人情報を収集いたします。

個人情報の利用
1.当社は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的を明示いたします。
2.当社は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、当社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて使用いたします。
3.当社は、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。この場合、当社は、当該第三者において、お客様の個人情報厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。

個人データの第三者提供
1.当社は、法令および次項に定める場合を除き、お客様の個人データを、あらかじめお客様の同意を得ることなく、第三者に提供または開示いたしません。
2.当社は、業務の遂行上やむをえず、お客様の同意を得ないで、お客様の個人データを第三者に提供させていただく場合があります。この場合、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。
3.当社は、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。この場合、当社は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。

保有個人データの安全管理対策等
当社は、お客様に関する保有個人データを安全に管理するため、次のとおりの取り組みを行います。個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏えい等を防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する合理的な対策を講じます。

保有個人データの開示・訂正・利用停止等
当社は、お客様に関する保有個人データについて、お客様ご自身がその開示・訂正・利用停止等を求める権利を有していることを認識し、お客様よりこれらの要求があった場合には、法令に従い、速やかに対応いたします。

個人情報の保護に関する規定等の策定・実施等
当社は、この方針を実行するため、お客様の個人情報の保護に関する内部規定を策定し、これを当社役職員その他関係者に周知徹底させて実施いたします。
また、これを継続的に維持し、必要な改善をしてまいります。

この方針の適用および改定
この方針の内容は、当ウェブサイト掲載日より適用いたします。また、この方針は、法令等の要請その他当社が必要と認めた場合に予告なく改定する場合があります。
(最新の情報については、当ウェブサイト内に掲載いたします)

※当セミナーにご登録頂いた方には株式会社日本デザインからメール配信をさせて頂きます。予めご了承ください。


【特定商取引法に基づく表示】
販売業者:株式会社日本デザイン
所在地:東京都渋谷区桜丘町26-1-15F
メールアドレス:master@japan-design.jp
お申し込み方法:お申し込みフォーム
商品の引渡し方法:登録返信メールに記載
商品の引渡し時期:登録後返信メールをお送り致します
お支払い期限:セミナー開始前
表現、及び商品に関する注意書き:本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
個人情報の保護:当サイトはお客様の個人情報の保護を第一に考え運営しております。お客様の個人情報は、厳正なる管理下で安全に保管することをお約束します 。
また、個人情報は法律によって要求された場合、あるいは当社の権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き第三者に提供する事はありません。